読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口

父ちゃんの人生

f:id:ohmyfukafuka:20170426233252j:plain

菓子パンを選ぶ、若き日の先輩ときよじい。

書く事がないので、父、清和の人生をおさらししてみます。

昭和26年1月に、品川区のこっち側(柄の悪い側)で、江戸っ子の父あきら、秋田出身の母キヨノの次男として産まれました。あきらはすでに◯◯屋でしたが、実家は米屋でした。

4つ上の兄は、あきらの「あき」が入った名前を授かったので、清和は、キヨノの「キヨ」から取られました。このルールで行けば、私の名前は清子か清美になっていて、ロンリーチャップリンを歌うはめになったのでしょうが、父が出前先の表札に「ゆみこ」という名前を見つけ、気に入って、私は無事に、脱キヨできました。私は清くないので、そんな大層な名前つけられても困ったと思うので、ゆみこでいいです。YuMikOと、アルファベットにすると、YMOが入ってるところも気に入っています。

その下に、また4つ下の妹がいます。

目が大きく、おちょぼ口で、内気だけどもひょうきん者で、背が低く、かわいらしい、母性をくすぐるタイプだったらしいので、10代はもてもての日々を過ごしました。

小学生時代の通信簿、担任からの一言にどれも「お調子者である」と書いてありました。中学時代の通信簿がないのは、当時文通してた女子と交換したかららしいです。

芝商業高校に入りたかったものの、お前の成績で行ける区立はねえと担任に言われ、当時は誰でも入れた、某私立高校に進みます。ちなみに、そこは今、東大に進む学生が多く、偏差値の高い、頭のいい男子校として有名だそうです。なので、それを今誰かに言うと、ワウ!頭良かったんですね〜と感心されてしまうそうです。

エレキギターを弾いたり、アニーの試写会がラジオで当たって行ったそうです。遊ぶ町は自由が丘で、すでに、喫煙飲酒はバリバリしていたようです。

高校卒業後、家の仕事を手伝います。主に出前番です。幼なじみを主にした、男組を結成し、実家の向かいの離れに住んでいた父の部屋は、かっこうの溜まり場で、10人くらいが毎晩酒盛りしていたらしいです。母が初めて、そこを訪問したときも、そのくらいの男たちが半裸で雑魚寝していて、どん引きしたとのことです…

スナックのママと付き合っていたのに、気の弱い父は、はっきり振りもせず、うやむやにしたまま、同じ町会の美容院のおばさんにすすめられて、母、恵子とお見合い的なデートをします。父27歳、母23歳くらいの時でしょうか。

初デートは、有楽町でダイハードを観たらしいです。

母は父の実家から歩いて五分のところが実家でした。同じ町内です。当時、母はやせててすらっとしていて、きれいで、お嬢様のように見られていたらしく(彼女もやはりお勤め時代はもてもてだったらしいです)町内中が驚いたそうです。あの札付きの声のでっかい不良と、あの巻き毛の色白が??と。

一応、婚約中だったらしいですが、当時では珍しい、結婚式をする前に妊娠してしまったパターンでした。私も八芳園にいたってことですよ、五ヶ月の胎児として。

結婚式の父のヘアスタイルは、まさかのパンチパーマです。それが流行っていたそうです…ほんとかな…

飲食店の二代目の次男。特にどこかに修行も行っていません。彼は永遠のピーターパンになる運命の元、産まれてきました。

アル中だったため、すぐキレて、母を怒鳴ったり、パンチしたり、とうもろこしを投げ合ったり、ポシェットをライターで燃やしたり、結婚生活はそんなにラブリーなものじゃありませんでした。私が小学1年の時に、独立してお店を持ったので、私と妹ははっきり言って、放っとかれてました。でもトリックがあって、お店は自宅の一階にあるので、決して、鍵っ子だったわけではないのです。いつでも、両親に会える環境でした。普通、父親は朝会社に行き、夜に帰ってくるわけですが、私の場合はオールウエイズです。だって、小学校の職員室に出前に来たりするので、校内で会っちゃうんですよ。父ちゃんと。

公園で遊んでても、向こうをブーンと父ちゃんが走って行く。下校途中、信号待ちをしていると、反対側で父ちゃんも信号待ちをしている。恥ずかしかったです。

私が二十歳くらいの時、父に異変が起きました。なんか顔色が悪くなって、お腹がぼよんとして、あとなんだっけ、なんかがなんかでした。私たち家族がいくら病院に行く事をすすめても、気の弱い父は、絶対Noと言うばかりで途方に暮れているところ、町内のワンオブボス的な、年上の酒屋さんに、だいぶきつく言われて、渋々、やっぱりバイクに乗って、病院に行きました。

すると、相当ハードなことをお医者さんに言われたらしく、今まで見た事のない顔の父を見ました。険しい、真剣、絶望している。そして、まさかの次の診察拒否の電話までかけてて、ちょっと〜!!NO!!と言い聞かせ、彼は病院通いと投薬をすることになりまいた。

後で聞いた話だと、今すぐ入院レベルの重症、このままじゃ死ぬと言われたようです。しかし、大学不登校の娘と、同じくパッとしない娘No.2もいる父は、入院は絶対できないと拒否しました。

なんでしたっけ、肝臓の数値、あれが、赤塚不二夫中島らものエッセイで書いてあった数値より、桁が1個多いくらいでした…あの二大アル中ガイズより、はるか上を行っていた父。そりゃウイスキーが水代わりで、朝も昼も夜も飲んでたらそうなりますよね。

しかし、薬を飲むにつれ、数値は下がって行き、二年くらいしたら、まあまあのところまでに落ち着いたそうです。

そして、それから、一滴もアルコールを飲んでいません。あんなに依存していたのに、相当、おそろしいことをお医者に言われたんだと思います。下手したら余命宣告的なものもされたのかもわかりませんけど、父はおちょぼ口を一文字にして教えてくれません。そして、その後の検診などは行ってくれません。

しかし、生き伸び、60歳の時に、父はベストギフトを授かります。そうです、先輩です。彼の初孫、ぴょこ先輩です。妹の妊娠がわかったときは、まあ産まれたらそりゃ見てやるけどよなんて、強がっていたのに、産まれたら、私たち家族がいままで見た事のないような、笑顔の嵐です。

仕事と仕事の合間の休憩時間にも、足立区にまで行って、孫の顔を見て、帰って来るなんてこともしていました。

どらやきを買いに行くのを口実に、アポなしで妹の町まで行って、今日は出かけてるからだめと言われたことも何回もあります。月に二回は今でも会っています。

f:id:ohmyfukafuka:20170427001959j:plain

父ちゃん〜!あたいは孫の顔見せてあげられなくてごめんね。人の100倍は努力したけど、だめだったの〜⭐️400万がブラックホールに吸い込まれちゃったわ〜💔

あいむあくっきーもんすたー

私はだいたいいつもクッキーを食べています。ここ10年、朝ご飯はクッキーです。チョコやジャムなどのついていない、シンプルな、クラッカー寄りの無個性なやつが好みです。日本だと、森永の3種類、マリー、チェイス、ムーン。シアトルだと、ペパレッジファームのチェスメン、レモン、フランスのメーカーLUのマリービスケットが四角くなったようなやつ、ダイジェスティブクッキーのチョコがかかってないやつ、丸い大きな缶缶に入ったバター味のだにッシュクッキー等です。

去年、マイスリーという入眠導入剤を飲んでいた時、眠くなるタイミングを逃すと、本能が表にばーんと出て来て、変なメールを人にしたり、むしゃむしゃ食べたいものを食べるようになり、翌朝には覚えていないという夢遊病体験をしました。そして、オーノー、タータンチェックの箱のウオーカーズのショートブレッドを空にしてしまいました。そして体重は一ヶ月で10キロ以上増えました。バター…バターのせいや…

アメリカのコーヒーショップにあるような、大きなクッキーたちは、チュウイークッキーと呼ばれていて、ねっちょりしてるんです。ソフトクッキーと皆は呼んで、大人気です。私は薄くてカリッとしたのが好きなので、いつもまずい…オーマイーまずい…と思いながら、小腹がすいたときは、コーヒーとともに食べていました。だって、マフィンやブラウニーもスコーンも全然おいしくないので、消去法で行くとしょうがなかったんです。

たまに、ビーガンドーナツやおいしいカップケーキを他のお店から仕入れていたりするお店があるのですが、それはグーでした。ビスコッティやチョコグラハムもあり最高でした。でも、今はベイクドグッズをガラスケースの中ではなく、むき出しで並べるのがおしゃれらしいので、全てがカチカチに乾燥していて、蠅が飛んでいます。ちなみに、冷蔵庫のはずのガラスケースの中にも蠅がいるの30回は見ました。

行きつけのお店には珍しく、フレッシュケーキが置いてあり、そこの秋限定のパンプキンチーズケーキがとってもおいしかったのですが、去年帰った時、ケーキコーナーは撤去されていました…

f:id:ohmyfukafuka:20170424235630j:plain

f:id:ohmyfukafuka:20170424234847j:plain

f:id:ohmyfukafuka:20170424235436j:plainティラミスとチョコケーキもレギュラーでしたが、これを食べると次の日、たいてい頭が痛くなりました。

シアトルなので、歩いて20分圏内にコーヒーショップは20軒はありました。スーパーにもスタバスタンドがあるんです。向かいに、スタバあるのに、意味わかりません。みんな、スタバはまずい、焦げた豆の味がするとかディスりまくりな割には、どこもそこそこ混んでいます。意味がさらにわかりません。

ダウンタウンに行くと、いっぺんに四軒のスタバが見えます。右の角を曲がれば、スタバ、左の角を曲がってもすたば。まっすぐ歩いてもスタバ。きちがえりそうです。

サンフランシスコに行った時、驚いたのは、スタバがここそこにないところでした。そうなると、なぜか不安になり、おおう、ない…スタバがあほみたいにない…どうしよう、不安や…とパニックになりました。完全にシアトルの人たちはスタバにスポイルさrていて、依存症です。

と、ああ〜!どうしよう〜!クッキー食べたくなってきちゃったわ〜!今ここにいっぱいあるのよ〜でもミッドナイト…ミッドナイト…

ああ、完全なるクッキー依存症、そして、マイネームイズクッキーモンスター

 

アメリカの食べ物が食べたい

アメリカに引っ越した時、食べ物が色々違って、カルチャーショックでした。向こうでは、タイフードやベトナムのフォーがとってもポピュラーでした。(チャイニーズはまずいともっぱらの評判です。バンクーバーはアメージングらしいのですが)私は当時恥ずかしながら、エスニック料理はほとんど食べたことがありませんでした。

アメリカ人のソウルフードといえば、ピザやハンバーガー、ホットドックのイメージですが、彼らはメキシカンが大好きです。ブリトー、エンチラーダ、チミチャンガ、ナチョス、タコス、ファアヒータ、ブリトーボウル、タコサラダ、最初は、メニューを見てもなにがなんだかわからなくて困惑しました。

夫のノースキャロライナの実家に行くと、すっごくおいしくないけれど、安いメキシカンレストランに週3で行きました。どのメニューも、基本はトルティーヤにビーンズ、ライス、パクチー、具、サワークリーム、チーズ、グアカモリ(アボカドディップ)チーズディップは子供に人気で、トルティーヤチップスにたっぷりつけて食べてます。それは、ランチなの?おやつじゃない?という食べ物です…それに、トルティーヤがソフトかクランチーか、揚げてあるかないかくらいしか違いがありまあせん。タコベルもタコデルマーもチポートレ(メキシカンファストフードチェーン)も大好きですが、週3だと、きつすぎました。

瓶詰めのパスタソースが100種類は、スーパーに並んでいます。食べてみて驚いたのは、全然甘くないところです。日本のミートソースの缶詰はだいぶ甘いじゃないですか。向こうのは全然甘くありません。ただ、トマトクリームやボッドカソースは好きでした。しかし、夫がビーガンなため、買うのはチーズとクリームなしのマリナーラでした。

初めて、タイ料理屋に行って、イエローカレーにはまりました。春巻きについてくる、スイート&サワーソースにもとりこになりました。最初は、ココナツミルクの味が苦手で、おう、なんじゃこりゃ…トムカー(トムヤムにココナツミルクが入っているクリーミーなスープ)を飲んで、酸っぱさとココナツの謎の組み合わせに、今まで、食べた事がなかったので、初めてのときは、拒否反応が出ました。しかし、その後、私はニューワールドに足を踏み入れ、トムカーの虜になりました。

デートの二日目の晩は、ネパール/チペット料理屋に行きました。インドカレーのように辛くなくて、超おいしかったのです。頼んだのは、なんだろう。アナプルナカリーでした。トマトクリームベースのカレーでした。その後は、ダルやサグバニール、チャナマサラにはまりました。

ウエディングディナーもそこででしたが、奮発して、具を海老にしました。

そして、ヒロです。ギリシャ料理のファストフード的なお店が、スーパーの横にありました。具は、チキン、ビーフに、ファラレルという、ひよこ豆のコロッケにヨーグルトソースに、ひよこ豆のペースト、ハマスが入っています、ピタパンに。これは、日本だと、イスラエル料理と言われたりしていますが、向こうでは、ギリシャでした。

好きな食べ物ベスト5に入るくらい好きです。日本だと、赤坂見附の謎の、陽気な白人のマスターがやっているお店がありますが、店内は図工室みたいで、食べるのは外のテーブルでした。私の大嫌いなシェアテーブルです。向かいに知らない人が座ってたら、私恥ずかしくてかじれません。

そして、おお、キッズの食べ物、マカロニチーズ。ああ、食べたい…食べたい…

知らないうちに、私が食べたいものは、アメリカの食べ物になっている。どうしよう…

と、今、私、ベリーベリーハングリー!!

Yumiko in the Kanae wonderland

小菅の拘置所を、小菅ヒルズと呼び始めたのは、マスコミなのかなと思っていたら、あれは本人、かなえきじまさんだったんですね…

確かに、あのマンション?ホテル?迫力があって、普通のタワーマンションにはない、独特のオーラを発しています。

彼女のブログと手記をついうっかり読んでしまい、完全にかなえラビリンスに陥ってしまいました。頭が混乱して、わけがわかりません。死刑囚ではない私より、女子力が高く、毎日、ありのままで暮らし、獄中で結婚、離婚、再婚をしたそうです。旦那さんが、彼女の体型を含めて愛してくれているそうです。ブラジャーも、ワイヤー入りはだめらしいのですが、ノンワイヤーのなら大丈夫で、今はかわいいのもあるので、うれしいですみたいに書いていました。

…私は、鬱なので、着替えがハードジョブで、このところずっとノーブラです。ラムレーズンが気になるところですが、そんな時は、ラブタンバリンズのエリさんが、乳首は最高のアクセサリーと言っていたのを思い出し、オッケ、オッケ、ノットビッグディールと気にしていません。

去年、モンベルでブラジャーを、そういえば買いましたが、かわいいとか、セクシーとかからは程遠く、授乳用みたいです…

落ち込みました。あんなに太っちょで、おぶすなのに、意識が高い彼女に、私は完全に女として負けているので。殺人も虚言癖もないのに、愛人になったこともないし、コルドンブルーに通ったこともないし、マイビーフシチューはいつもお肉が固いままです…

私のアイコン、おかめブローチの口元だけをアップにしてるのは、SNSで盛り盛りする、哀れな見栄っ張りの女たちへの揶揄をこめてです。でも…哀れなの、私じゃないですか?やっぱり、女は盛ってなんぼなのかもしれません。

ただ、図々しい女、ふてぶてしい女、勘違いしている女、気取ってる女は、本当に好きじゃないので、胸に蜜柑入れて谷間を作って、それをネットに載せるとか、コンセプトがわかりません。架空の自分、理想の自分を演じることから、自己顕示欲はそんなに満たされるのだろうか。私はむなしくなるだけです。

さっきも、たまたま、家の庭に芝桜が最低て、お庭でブレックファーストをウエッジウッドらしきティーカップと共にしている写真を見ていまい、なんじゃこりゃ〜〜〜〜と松田優作になりました。またいやらしいのが、ハッシュタグがたくさんついてて、#芝桜となってるところで、私は全身じんましんが出たように、かゆい!かゆいわ〜!と、女の業の深さに気分が悪くなりました。

ああ…かなえの手記買っちゃいそう…でもその印税が、彼女のヤマザキナビスコのエントリー代になるのかと思うと、悔しくって絶対いやや…

くま、運ばれる

しかーし、私にはくまたちがいます。生きる理由です。彼らがいて私がいる。ただの化学繊維の詰め物ですけど、いなかったら、私は生き延びてたかわかりません。

と、運搬される最中のくま(主にぴーすけ)の写真です。

f:id:ohmyfukafuka:20170419225038j:plain

結婚前、三ヶ月のシアトル滞在から帰る時。ウエンディーズのポテトと

f:id:ohmyfukafuka:20170419225120j:plain

夫が初来日して、うちの両親に結婚させてくださいと言いに来て、帰る時に見送りに行くみんな。成田エクスプレスにて。

f:id:ohmyfukafuka:20170419225230j:plain

アメリカに移住するとき。成田にて。このクッキーは無印のメープルクッキーだったはずです。

f:id:ohmyfukafuka:20170419225311j:plain

結婚するために裁判所に行く時

f:id:ohmyfukafuka:20170419225431j:plain

グリーンカードがやっと出て、一年半振りに日本に戻って、シアトルに帰る前のみんな

f:id:ohmyfukafuka:20170419225539j:plain初めて、ノースキャロライナの夫の実家に行った時

f:id:ohmyfukafuka:20170419225642j:plain

…いつか思い出せない

f:id:ohmyfukafuka:20170419225740j:plain

ん?川崎大師に厄払いに行ったときか、増上寺に水子供養に行ったとき

f:id:ohmyfukafuka:20170419225903j:plainシアトルから、実家に到着した時

f:id:ohmyfukafuka:20170419230010j:plainインスタのぬいぐるみフレンドと新子安でオフ会した時

f:id:ohmyfukafuka:20170419230114j:plainデニーズですが、なんで彼を連れてたのか忘れました。

f:id:ohmyfukafuka:20170419230218j:plain先輩宅に行く時

f:id:ohmyfukafuka:20170419230320j:plain

こっちで初めて精神科の門を叩いた時、保護者として、スーツ姿でついて来てくれたぴーすけ

嗚呼!!まだまだあり過ぎてきりがないのでやめます。

 

あたいのくまのかわいさ、プライスレス!

 

毎晩、聴いているせいで、とうとう夢で、おノリのショーを近くで観て、彼女に「毎晩泣きながら聴いてます。大好きなんです」と言っていました。

いや、だいたいの時は、泣いてはないんですけど、ちょっと大盛りにしちゃったんですかね。

ここしばらくは全然鬱じゃないです。でも別にハッピーでもラッキーでもないです。フツーです。心に何も特にない。ジョーイがおもしろいことや、フィービーのスメリンキャットの歌が好きなことくらいしか、心のよりどころはないです。

この日曜、妹のお誕生日会に足立区まで行く予定なのですが、遠いので、それが今からゆううつです。帰りが特に長く感じます。やっと上野まで来た!と思っても、またそこから品川まで電車に乗らないといけません。

私の脳みそはうつ状態で、病気だって、ドクターが!言ってたんだけど!誰かちょっともう少し病人扱いしてくれてもよくってよ!!でも、まあまあ元気な人に家族には見えてしまうので、しょうがないですね。それは、抗うつ剤が作り出しているイリュージョンなんですけど、はあああああああ、そんなのわかってもらえるわけないですから、わかってくれなんて期待してません!特に5歳の先輩には無理です。でも、りぶみーあろーん〜!!放っといて!アッチは〜!ほんとは誰とも喋りたくないの、よ〜!!

こうやって、ネットの片隅でキャンキャン吠えて、息抜きするのが精一杯です。特に誰にも読まれてませんけど、いいんです!!自分のために書いてるんです!!

精神科の待合室、せっかく似たような病気の人たちがいっぱい座ってるのに、誰も誰とも喋ってません。もっと、鬱病あるあるみたいのをお互いに話せたら楽になるのに!怠けてるとか親不孝みたいに言われてきついよね、まじつらだよね〜とか、あの理由がわからないのに、身体が金縛りみたいになるのは何現象だろうね〜とか、そういうことを!!

アメリカにいる時から、すでに心臓はストレースのせいからおかしくなり、不整脈チェックのモニターはしたものの、結果は、ただのランダムな速い動悸という、なにそれ!最初から想像できたことじゃん!みたいなものでしたけど、今年は、ストレースから微熱が続くという怪現象まで起こるようになってしまいました。ストレース?いや…会社で働いていたり、子育てしている人みたいな大変なストレースなんてないと思うんですけど、傷ついちゃうのが光速ですから、それのせいですね。ほら、察することができない人&不愉快と言われた事件。あれが結構身体の細胞の隅々にまで行き渡りました、ショックが。

自分がナポリタンなことから、人に迷惑を掛けるのだけは絶対やだったんです。でも、実際はかけまくりで、私を嫌悪する人がいっぱいいた、いや、いっぱいはいないかな、ちょっといることに、ショックでした。気付いてたのに、失敗してしまったことに。

ドクターからもインターネット禁止令が出ています。じょじょになんとかTwitterを辞めるところまで持っていきたいです。実際、私のつぶやくことは不愉快なことなんだと思うと、つぶやけることが何もないです。恥ずかしいだけです。

 

Yumiko likes Yumiko

違う!思い出しました。

初めて読んだりぼんの巻頭は、吉 住渉先生のハンサムな彼女の第1回目でした。懸賞で、腕時計当たったこともあります。なつい…なついぜ!全プレも色々応募したけど、どんなのもらったか忘れてしまいました。

岡田あー みん先生におーな り由子先生も矢沢あい先生はマリンブルーの風に吹かれてを連載していました。工藤静香みたいな女の子が主人公だった気がします。その後の、うわさのナナっての、私読んだことないんですけど、芸風はあの感じなのだろうか。とにかく、少女漫画の黄金期でした。88年か89年だったと思います。

と、おめでとう、私!

とうとう、大島弓 子先生の素晴らしさがわかりました。バナナブレッドのプディングを読んで感動しました。絵に少し癖があるのと、今まで何作か読んでも、あまりピンと来なかったんですけど、この作品は深かったです。だって…ほら…あの…主人公の女の子、ちょっと…ナポリタンを超えて、今すぐビョーイン行きなよ!みたいな不思議ちゃんで、渋かったです。

神保町の、カレー屋ボンディのとこにある古漫画専門店で300円くらいで買った、プチコミック、大島先生特集の号、メルカリに出してたんですけど、あわてて出品停止にしました。その中には、中島みゆきと先生の往復書簡が載っていて、ちょっと珍しいんです。中島みゆ きの歌に弓子ネスがあるのかよくわからないんですけど、彼女は先生のファンだそうです。

努力の賜物です。自分は絶対好きだろう、嫌いなわけないじゃない!という執念で、めげずに買い続けてよかった!オリジナルのセブンティーンコミックスを見つけたのが大きいですね。

私は、文庫版の漫画は買わないんです。装丁のかわいさも込みで、昔の少女漫画は完成するからです。萩尾先生の『11人いる』まだ読んでません。だって、装丁がかわいくない変な文庫版か単行本しかないんだもん…

ところで、いつもペアにされる、竹宮先生と、萩尾望 都先生ですが、竹宮先生は、おそらくサディストな部分が過分にあると思います。エッセイを読んでも、前の前にいつもおっとりマイペースな天才、萩尾先生がいたので、焦って、悔しい気持ちで、前につんのめってる姿勢が作品に出ています。

ちょっと、人物描写が荒いというか、トラウマやコンプレックスなりの心理がわからないので、どうして、きつい性格の登場人物がそこまで意地悪になったのかがわかりません。

ファラオの墓のスネフェル?や、かのジルベールのが、どうしてあそこまでエスになったのかが、共感できるエピソードが特になく、ただのSMプレイなの?みたいな感じで残酷なシーンがたくさん出て来ます。ジルベールの悲しみがいまいち伝わってきません。昔、高校時代に初めて読んだときは、えろちっくシーンに目が点で、そこは盲点で気付かなかったんですけど、今はわかります。

一方、萩尾先生の、ポーの一族、エドガーもだいぶ氷の少年ですけど、どうしてああなったのか、彼の悲哀は細かく描かれています。妹のメリーベルが消えてしまったり、同情できる余地があります。

て、もうそろそろ平成も終わるのに、いつまで私は昭和の漫画を読み続けるのでしょう。最近の漫画、鱈とレバーのやつ、二巻までは買いました。でも、三巻でむかつきが爆発して、それから買ってません。女なめんなよってのが感想です。私はうどんと寿司が嫌いなので、ワンプレートランチを出す、女子向けカフェは大好きです。別に彼氏と行く場所、女子会をする場所なんて捉えていません。いっつも、おひとり様です。そんなに、たくさん食べられないので、量もあのくらいで十分なんです。

ていうか、恥ずかしながら、私は、生のレバーも白子も食べた事ありません!!酒飲まないからでしょうか。わからない…でも、私の目の前にそれらが出て来たことほんとにないんです…

先週、本屋の新刊の平台をじっと見ても、いくえみ綾先生のG線上のアリアの三巻しか興味あるのがありませんでした…漫画は好きなのに、読みたい作品がないなんて、なんたる悲劇でしょう…

 

f:id:ohmyfukafuka:20170419011016j:plainテンちゃんとかなこさんです♥︎