私たちはエスパーじゃない

時間が経てば、傷が薄くなるっていうのは確かにそうなのですが、逆にどんどん痛くなって来る場合もあります。

困っています。私には、新しい傷を作って、それにかまけている余裕などないんです。でも、またすっころんで、膝をすりむき、血が吹き出てしまいました。バンドエイドを貼ってますけど、血が止まらなくて途方に暮れています。お医者さんに縫ってもらわないと、だめかな。

2400人の前で、「こいつはきちがいですよ」って言われちゃったわけですから、恥ずかしいです。渋谷公会堂が埋まるくらいの人数ですよね…

どうしよう。早く忘れなくちゃ。でも、そう思うと逆に長引くし、ああもう本当にどうしよう。悪いのが私なのは確かにそうなので、そうなんですけど、あの悪意満々な言い方、自分は絶対正しいみたいな高慢ちきな態度、全てが吐きそうにつらいです。

察することを第一信条として生きてこられた立派な方が、年下の女に、ああいう物言いをした場合、女はどんな気持ちになる生き物なのか、察することはできなかったのだろうか。もちろん、10代のアイドルではない私になど興味はゼロでしょうから、私のつぶやきもブログも読まれたことはないと思います。でも…もし、ちょっとでもざっと見て、ああ、この人、今人生ピンチで、心が弱ってる最中なんだなということをわかった上で、あの発言をされたなら、察した上でのことだったのなら、ちょっと本当に、相当心がない方なのだと思わざるをえませんし、私は、そこまで、嫌われることをしていたのかと、反省と後悔、そして無念しかありません。

最近、ほのかに、私も恋ってやつをしてみたいわね、うっふ。みたいに思っていた感じでしたけど、夫との70歳夫婦の静かな生活みたいな、ときめきもきらめきもまったくない、地味な暮らしが恋しくてなりません。そこにあったのは、リラックスとひょうきんと安心と安全でした。

2人共、くまのぬいぐるみを、実の子供として扱っていました。完全にきちがい夫婦です。夫の帰りが遅いなと思うと、湖の向こうのモールまで、らぶちゃんに妖精のドレスを会社帰りに買ってきてくれたりしました。ちなみに、初めての彼からのプレゼントは、ケアベアで、初めての誕生日プレゼントはケアベアでした。その後もくれるものはたいていケアベアでした。

つい最近、くまたちが離れて暮らすのはかわいそうだから、みんなで一緒にまた暮らしたいと言われました。私は一度はもう本当に離婚絶対するというところまで到達しました。それはそれは長い、シルクロードのような距離でしたけど、やっとゴールしました。そんな中、そんな発言をされました。

オッケーです。

私、もうつかれちゃった。夫でいい。夫がいい。だめなところがそっくりで、2人共空気読めない同士、適当にやってればいいじゃない。ただ、私はもうアメリカで暮らす気はないので、どうやって一緒に暮らすのか、わかりません。夫の会社は、六本木に日本支社がありますが、プログラミングの管轄は、アジアだとシンガポール支店にしかありません。うーん、シンガポールに移住するってこと?うーん…いやです!!

楽天?あそこにはそういえば面接に行っていました。ただ、お給料は一本で、と言ったためか、落ちました。。

結婚していると、経済的、精神的、世間的に後ろ盾ができて、周りの人たちの扱いが全然変わります。ふつーの人として認めてもらえます。ひきこもろうが、メンヘラだろうが、「専業主婦」という肩書きを持っていれば、ちょちょいのちょいです。

アメリカのもてない白人男と、日本のもてない黄色女が、奇跡的に出会って、あっという間に結婚して、言葉の壁も特になく、ケンカは最初から耐えませんでしたが、それは、私が初めて自分を丸出しにできる相手がゆえのことなので、だいぶ恵まれていました。

お友達など、次にいい人見つかるよ☆など、励ましてくれましたが、それは、普通の女性なのが前提ですよね。私はだいぶ風変わりなので、保守的な日本の男性にみそめられることなどあるわけありません。そんなの、自分が一番わかっています。仮に、彼氏ができたとしましょう。でも、私がどんなにネクラなのか知られたら、一ヶ月くらいで別れることになるでしょう。

夫は、私には、出会ったときのように、風変わりの不思議ちゃんでいて欲しかったのに、私が、ちゃんとした一般的なミセスにならなくちゃと、普通の人を目指して、服装も地味になり、趣味が音楽を聴くことから、ビーガン料理作りに移行してしまったことが、ずいぶんとショックだったようです。

これ書くと、ずいぶんあほすぎて、ちょっとためらうのですが、夫が私に幻滅した理由の一つに、朝のいってきますのキッスを私がしなかったというのがあります。私は、私が夫を大好きなこと、日に日に、生き物としてのラブ度があがってきていたことを、夫が気付いてくれているとタカをくくっていたのです。でも、アメリカ人なので、そういうキッスやラビューと言わないと、全く伝わらないわけです。

察してくれているだろうなんて、甘えていた自分を責めました。でもその時にはもうすべてが遅すぎました。

言葉で言うとか、ブロックするとか、アクションを起こしてもらわないと、こっちはエスパーではないので、わかりません。察することなんて、自分ではできてるつもりでも、どうやって答えあわせするんでしょう。顔で笑って心で泣いてる人、逆の人もいます。人の心なんて、簡単にわかるもんじゃないですよ。自殺する人ほど、周りの人たちはそんな素振りまったくなかったって言いますよね。想像したって、わからないんです。私たちは、自分の心すらよくわからないのに、他人のことを慮っても、それはただの自己満足に終わるだけじゃないですか。

なんか、ださいよ。音楽の趣味がいくらよくても、人間としてださかったら、意味ないもの。

 

広告を非表示にする