読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口

愛するために愛してるわたしたち

『ロマンスがありあまる』を聴いている今ですが、もったいないなって思います。せっかく、いい歌といい歌詞といい演奏が揃ってるのに。

ご自身で、ロマンスがありあまるって、もうすでにカミングアウトしてるじゃないですか。ありあまってたんですよ!いいじゃない、パッと咲き始めた、ヤングミュージシャン。モテモテに決まってるじゃないですか。女野球チーム作れるくらいの数の彼女がいるのが普通だと思います。

一つ、失敗があるとしたら、結婚しちゃったとこですよね。してなければ、こんなことにならなかったのに、大変お気の毒です。でも…坂本龍一みたいに、隠し子作ってないじゃないですか。あの人なんて、隠し子作っておいて、あのドヤ顔、ドヤ態度ですよ?なにが、空スカイのりかとか名乗って、馬鹿じゃないの?って、思いませんか。『美貌の青空』は彼女のことを歌った曲ですよね。(ん?インストでしたっけ?)

矢野さんは、その頃、『愛があれば?』という名曲、特に歌詞がものすごーく素晴らしい歌を歌っていました。私もちょっとはその立場、ちょっとですけど、わかる身に転落して、彼女の悲しみと怒りを思うと、よく、死ななかったなと、尊敬しかありません。

矢野さんは、いっつも顔をこっちに向けて、不自然ににっこりされていて、声のせいで、ほっこり音楽と勘違いされてるかと思いますけど、あんな孤独な音楽、他にあんまりないですよ。プライドが高くて、ご自身にもまわりにもずいぶんと厳しいのではないかと思います。だから、悲しい顔は見せないけれど、音楽にもう悲しみが織り込んであります。

私、大貫さんは、二曲くらいしかリアルタイムで好きだった歌ないんです。彼女はもっと軽やかで、いつも、お召し物が白いワンピースなどなところに象徴されるように、さわやかですよね。

一方、矢野さんは、血がにじんでて、全然さわやかじゃないですからね。私は落ち着くんです。

なので、あのかわいい、彼女の代表曲『ひとつだけ』を私は全く好きではありません。

一番好きなアルバムは『グラノーラ』で、好きな歌は『わたしたち』『new song 』『calling you』『愛があれば?』『me and sea otter』『クリームシチュー』『飛ばしていくよ』などですかね。

いっぱいありすぎました。

グラノーラ』はまだバックにYMOガイズを従えて、坂本さんも参加しているので、まだ血がにじんでなかったかもしれませんが、『わたしたち』の中で「愛するために愛してる わたしたち」という歌詞が本当に美しいです。

そして、このわたしたちが、矢野さんと坂本さんの意味で、この歌詞を書かれたのだとしたら、私は胸が痛いですし、娘さんの美雨さんが、インスタで、これでもか、これでもかと、自分は幸せ、ハッピーファミリーぶりを見せつけてくるのは、復讐なんだと思います。