読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口

大井競馬場のフリーマーケット〜馬アロマに包まれて〜

ニューワールドへの扉は結構近くにありました。目から鱗の1日でした。

正直、最近は骨董市に蚤の市、少々飽きていました。だいたいどんな物を売っているかわかっている、そして、値段がべらぼうに高いので、お皿一枚で4000円が一瞬でゴーンです。アメリカに住んでいた身として、これは…リサイクルショップで3ドルくらいで買えるよ…というのを知っているので、アメリカの骨董品を売ってる人たちは皆、ぼったくりに見えてしまいます。

すると、目はフランスやイギリスの物に行くのですが、そっちはアメリカより歴史が長いせいで、古さもチョモランマで、値段もさらにさらに高いのでした。

と、今日は大井競馬場でやっている、普通のフリーマーケットに行ってみました。Twitterでフォローさせて頂いている、村田商會さんが出店されるというので興味があったのです。村田商會さんは、閉店になった純喫茶の家具や小物だけを売っている、こんなに渋くて素敵なお店、あんまりなくない?という、オンラインショップです。

喫茶店(ヴェローチェとかじゃだめですよ、もちろん!)が閉店にならない限り、新商品、いや古商品は入荷して来ないでしょうし、渋いですよね。その姿勢がかっこいいと思います。

朝9時オープンなのわかってたのですが、眠り薬を飲んでいる私は早起きができず、起きたのは11時過ぎでした。一度は、戸越銀座に行こうかななんて思ったんですけど、こんな機会あんまりないだろうし、新しい場所に行くのアドベンチャーだしと、京急で立会川まで行きました。ちなみに、立会川は歩いて行けるくらいの隣町です。でも、それが盲点で、意外とずっと行っていなくて、私の近所の10年前、20年前の風景が残っていて、泣きそうになりました。f:id:ohmyfukafuka:20170305234749j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305234736j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305234720j:image

私の界隈もあんなだったんですけど、大井町から近いのと、品川シーサイドなんていう大層な名前の駅ができ、タワマンとヒクマン、鉛筆ハウスだらけの町に成り下がってしまったので、昭和の名残を残す建物は、どんどん壊されてますし、ポストには、土地売って下さいのチラシがいつも入っています…

品川銀座という名前の商店街などは、シャッター街になってしまったので、解散して、なくなってしまいました。昔は、そこここのお店で買い物すると、ベルマークみたいのをくれて、それを台紙に貼って、いっぱいになると500円と交換してくれたり、福引きがあったり、それなりに賑やかだったのに、今は…見る影もありません。

と、ジーンとしながら、競馬場まで歩いていると、高校二年生の時に、シンナーを吸って、俺は飛べると行って、自宅マンションの屋上から、飛んで、亡くなってしまったSくんの御通夜があった斎場があり、まだジーンとしました。すると、まだ競馬場までだいぶ距離があるのに、馬の匂いが漂ってきました。く、く、くさい…

フリマの行われている駐車場に着いたのは、お昼はもちろんまわっていました。そして、あまりの広さとカオスぶりに、度肝を抜かれました。いつも行っている市と、客層、出店者層が全然違ったからです。中国の人がどっちの立場でも多かったのと、東南アジアの方、白人は少し、あとは、競馬に来たのと間違えたんじゃない?みたいな、ザ、ギャンブラーチックなおじさんたちばかりでした…f:id:ohmyfukafuka:20170305234857j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305234905j:image

車出店コーナーと手持ち出店コーナーがあるのですが、なにがなんだかわかりません。村田さんは椅子などを売ってるはずなので、目立つはずなのに、ゲーセンから来た、ジャンボサイズのリラックマピカチュウが300匹くらいいて、どこにあるのかわかりません。

f:id:ohmyfukafuka:20170305234934j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305234951j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235005j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235020j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235032j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235046j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235105j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235119j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235129j:image

まず、村田さんのお店に行ってから、他をゆっくり見ようと早足で、きょろきょろしながら歩きました。しかし!DCカードの、中井貴一の友達、かっぱとたぬきの巾着袋をあるお店で見つけてしまい、足が止まりました。中にはタモリみたいなサングラスがたくさん入っていました。おじさんに、巾着だけ買えるか聞くと、50円とのことです。

50円!!大江戸骨董市では聞かない破格の値段です。買いました。f:id:ohmyfukafuka:20170305235155j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235202j:image

その隣では、昭和の婦人肌着が売っていて、白いパンツいやパンティーと、ズロースとババシャツを買いました。人生初めてのズロースに大興奮です!f:id:ohmyfukafuka:20170305235217j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235224j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235231j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235240j:image

と、その隣では、アグネスチャンの、中学一年生の応募者全員大サービス的な、万年筆とアイドル図鑑セットが、たくさん売っていて、聞くと一つたったの500円と言います。さっきのお客さんなんて10個も買っていたんだよ、とおじさんは言いましたが、わかります。その人は、転売する気満々だったのでしょう。3000円くらいでも売れる品物です。1個買いました。f:id:ohmyfukafuka:20170305235300j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235305j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235320j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235341j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235352j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235357j:image

振り向くと、なんかアクセサリーがぐっちゃぐちゃに山盛りになっていました。一つ100円となっています。麦わら帽子のブローチ三色と、昭和っぽいバレッタ三つ、そして、この日の大物、1500円という値が付いている、レースの付け襟みたいに見えるゴールドのネックレスがありました。それも買いました。おまけしてくれました。「お姉さん、色が白いから似合うよ」なんてお世辞つきでした。おじさん〜!ありがぴ〜!f:id:ohmyfukafuka:20170305235426j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235437j:image

と、その隣では、ピンクの段々ドレスのフランス人形があり、ほC!と思うも、うちにはもう人形置く場所ないので、後ろ髪を引かれながら、また村田さんを探しに行きました。

しかし、見当たらないので、Twitterでどこですか〜?と聞き、なんとか見つけました。私が最初に進んだのと真逆の方向に村田さんはいました。椅子がジャーンと並んでいました。小物類、めぼしいものはもうだいたい売れてしまったとのことで、早起きしなかった自分、ズロース買っていた自分を恨めしく思いました。それでも、柄が薔薇柄のフォークや、ジャックダニエルの空き瓶に、宇和島市限定ハイライトが入ったすごい飾り物、かわいいカップ&ソーサー、そして、大量のマッチ箱から、おとめちっくなのを選んで、満足なお買い物ができました。f:id:ohmyfukafuka:20170305235512j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235520j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235526j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235531j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235540j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235546j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235552j:image

通販大好きですけど、こうやって、売り手の方とおしゃべりしながら、品物を見て触って選べるのは、やはり一番好きな買い物の方法なので、うれしかったです。村田さんは、他の出品者の方のような、競馬のおっさんみたいな風情ではもちろんなく、優しく、喫茶店愛が伝わって来る素敵なお兄さんでした。

と、まだ二時くらいなのに、もう片付け準備をしているお店が目立ってきました。そういえば、骨董市もそうですが、4時までと言ったら、それは4時までオープンしているという意味ではなく、4時までに撤収しなければいけないという意味なのを思い出しました。

早足で、他の所を見ていると、前歯が三色、金、銀、ネズミ色(マニキュアみたいな光沢の)のおじさんのおもちゃ屋で、ドロンパのぬいぐるみがたったの400円くらいで売ってるのを見つけてしまいました。他にも、アメリカで有名なくまの衣装、箱入りや、昔のプリキュアの妖精のミニぬいぐるみ、りかちゃんのラーメン屋さん、300円の、お人形がナップサックになったやつ、タキシードサムのスタンプ、すごいものが、すごーく安い値段で売っていて、私は大フィーバーです。おじさんにはお姫様と呼ばれ、値引きもしてもらいました。f:id:ohmyfukafuka:20170305235617j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235624j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235633j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235641j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235650j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235657j:imagef:id:ohmyfukafuka:20170305235708j:image

そして、最後に、入口すぐのところのバッグ屋で、一つ300円と書いてあったので、ウンガロの赤いポシェットを買おうとしたら、これはウンガロだから、本革だから、と中国なまりで言われ、1500円が1000円とのことでした。900円になりませんか?と聞くと、ノーと言われたので、じゃあ考えますと去ろうとしたら、待って!800円でいいよ!と引き止められ、無事に買えました。

本革です!!f:id:ohmyfukafuka:20170305235805j:image