読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口 

サンリオの手にかかるとおかめもファンシー☆

私のここでのネットの芸名なんだっけと、アカウントの所を見てみたら、プラスチックケーキでした。本当は、最初のおかめブローチが気に入ってるんですけど、すると、今のヘッダーとアイコンの写真とちぐはぐすぎるじゃないですか?ただ、アドレスが、オーマイフカフカなのは変わらないので、もうすでにちぐはぐなことに、今気付きました。

小学生の頃、サンリオから、すずめのお宿」?だったか、そんな名前の珍しい和風シリーズが出ました。お弁当箱、お箸とお箸入れ、お弁当箱くるむ布、お茶碗、そしておかめの顔の形のお皿と共に、ぬいぐるみのおかめの顔がふっくらにっこりしているブローチも買ってもらって持っていました。

f:id:ohmyfukafuka:20170310222149j:plain

お茶碗はまだ現役なのですが、縁が欠けてきて、もう引退かなと思っていたら、高円寺のビンテージトイのお店で、なぜか箱入り未使用の物が売っているのにネットで気付いて、そこまで買いに行ったら、ポーリーポケットやケアベア、マイリトルポニーなど、カラフルなアメリカのおもちゃの中で、気まずそうに正座していました。

おかめというのは、本来、おぶすの事を指す言葉であって、当時の私のあだ名はまさにおかめでした。でも、そんなネガティブなモチーフさえも、サンリオはこんなにファンシーにかわいくしてしまう。笑ってるおかめなんて見た事ないですよね。私は、シンパシーを感じ、うれしかったんでしょうね。本当は、おかめなんて嫌い〜!ってなるはずのところ、自分から、おかめと名乗ってるところもありましたから、あだ名がそれなことに、あんまり傷ついてなかったのかもしれません。

お皿は使うのがもったいなくて、未使用です。大切で大事なものです。

f:id:ohmyfukafuka:20170310222735j:plain

ちょこーん。遠目から見てもなんてかわいいんだぜ。ラブユオカメ。