これがそれなのか!

今まで、私が思っていた、鬱という状態は実はそれではなく、ほぼ鬱、やや鬱、鬱風、鬱チックなだけだったのではないのかと思うほどの、鬱一番が吹きました。布団から出られないと言いますけど、ほんとに出られない。例えではなくて、体が動かせないのです。重くて、だるくて、ふわふわ、ふらふらして。貧血というか、血圧が下がり過ぎた時のような。

風邪じゃないのに、熱が出るなんて、どんな魔法なんでしょう。とにかく、私の抵抗力と免疫力が家出中で、邪悪な物が体内にどんどん入ってきてしまうのかもしれません。誰もたたかってくれないので。青いくまのぬいぐるみ以外。

この前の木曜日に、検査結果出て、晴れ晴れとして、ピアス買ったり、ブローチ買ったり、変なドレス買ったりしていたのが夢のようです。また、ここに戻ってきてしまいました。

おかしいな。特に何かが起きたわけじゃないのに。姪の相手で疲れたのだろうか。でも、彼女が来る前からもうローでした。と、トゥナちゃんが来週来日することを知りました。それでしょうか。プレッシャーに感じてるのかもしれません。彼はビーガンなので、食べるものを見つけるのが、東京では一苦労なのです。私は今自分がこんなで料理なんてしませんし、うーん、いちいち、青山日比谷汐留麻布等のイケてる街まで、食べに行くなんてできるかな…

私はそこそこプロです。ビーガン事情について。自分はビーガンじゃないのに、スーパーで、どれがYesでNoかってのはだいたい把握しています。シアトルのスーパーなんかだと、もうほぼ95%です。長年の研究と失敗により、ビーガン料理のこつも把握しています。あれは、だしも卵も乳製品も使えないので、ほんとーに大変なんです。味に深みが出ませんから。ただの野菜スープも全然おいしくできません。

自分は自然妊娠できる体なのに、不妊治療をさんざんやって、その界隈の知識にも、する気なんてなかったのに、精通してしまったことと似ています。

私って、なんか…なんか…無駄なことばかりしてないですかね…自分のためにしてることじゃなかったわけですから。夫が好きで、夫のためにと思ってがんばってただけなんですけど、その夫はマイフレンドwithドーターと再婚したい〜とか言いだして、私は家追い出されて、精神科デビューすることになり、私ってばかすぎないですかね…心配です。

これらから学んだのは、世の中には実りのないこと、報われないことの方が多いんだということです。

と、ちょい待ち草よ!!

こんなこと思い出してたら、鬱まりがまたランバダ踊り始めてしまう!!

今も目が霞み、気持ち悪いです。新しい薬がまだ身体になじんでないので、反抗してるんですね。と、明日の夜、大事なイベントあるんですけど、行けるんでしょうか。。緊張します。

体調が不安定なのを知っているのに、そういうイベントやらライブを予約しちゃうのはなんででしょう。て、なんででしょうって行きたいからなんですけど、キャンセルの回数が増えてくと、挫折感につながっていくので、うーん、よくないんです。無理矢理行こうとしたものの、やっぱり駅ビルまでで力尽き、リキッドルームには行かれなかったとか、どんだけせつなくてまぬけなエピソードでしょう。

元気はもちろんですが、まず握力に戻ってきてほしいです。

広告を非表示にする