読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口

リスニントゥ−マイオリジナルオノリミックス

マイオリジナルオノリミックスをずっと聴いている、金曜日の夜中です。

ツジコノリコ様です。私はどうしても彼女の音楽の中に自分の居場所を見つけてしまい、そこで休むのが好きです。孤独でひとりぼっちの場所。でもさみしくないんです。

少女都市やハードにさせてが発売されたのって、もう15年も前なんですね。信じられない。

その頃と、2014年の歌が続いても、特に違和感はないです。トーンは同じです。

一枚違うのがありましたけど、それはZAKさんがプロデュースされたやつです。ザックさんといえば、フィッシュマンズなんですけど、なぜか、私はそれにあまりぐっと来なかったんです。今でも理由はわかりません。

ツジコさんの歌を初めて聴いたのは、クッキーシーンの付録のCDに入っていたFlyという曲でした。私は、ああ、女ソロフィッシュマンズだ!とびっくりしました。歌い方は、矢野さんと原田さんをミックスしたみたいだなと思いました。

Soloというアルバムはもう千回くらいは聴きました。せつなくて、はかなくて、ものがなしくて、でも矢印は希望の方を向いていて、本当に落ち着くんです。

あと、歌詞が素晴らしいですね。

エンプティー

ホワイトフィルム

ディフェレンシア

クモノウエノデンワボックス

ミンティーユウ

アンダーザホワイトシーツ

ヒョウガ

トゥデイザシーンイズユアーズ

ピュア

ウンメイ

僕らはもう空を飛ばなくていい

Tyrant's Miniature Garden (マトリョーシカの歌をツジコさんがリミックスしているのですが、歌詞を加えて、完全に自分の曲にしてしまっています。)

今の気分はこれらの曲で、シャッフルにして延々と聴いています。僕らはもう空を飛ばなくていい、が、今はやばいですね。

www.youtube.com

エレクトロニカとか言うと、びびって逃げていっちゃう人いると思うんですけど、そのくくりも微妙ですからね。人それぞれで、ポップだったり、ロックに感じたり色々ですよね。