読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口

12人いた!

あわてて、タクシーで行った精神科のドアを開けると、そこはちょっとした代ゼミくらい混んでいました。私の前に12人ものナポリタンズが待っていました。今までで一番多いです。

オフィス街にあるから、土曜は空くのかななんて思っていた私が甘かったです。患者さんには、あの辺の会社で働く人ばかりではなく、あの辺のタワマンに住む人たちもたくさんいたのです。

私の前に、私と同じ名字の人が三人もいて、おもしろかったです。この名字は、ナポリタンに縁があるのだろうか。考えてしまいました。

やっと、番になり、ドクターと話をして、私が最近ずっと疑問に思っていた、夫と私の関係の名前はなんだろう問題にあっさり答えが出ました。それは、

共依存

という、よく聞くやつでした。

ああ、ああ、ちょっとそんな気はしてたんですけど、ちょっとどころではなく、それみたいです。

私は、自分のことからは自己肯定ができない。自信を持てない。でも、夫のお世話をしている自分がアイデンティティーになっていて、それからなら、自分のためにはできないこともできて、行かれない場所まで行ける。カッパ巻きを買いに走ってるときなど、脳みそから、麻薬のような快感物質が出るんですって。私、今、輝いてるわ〜!となるので。

夫が来てから、Twitterをあまり見なくなり、自分がどうとかどうでもよくなり、察する人でも察せない人でもどっちでもいいし、ネットで嫌われ者になってもそれがなに?みたいな感じで、ビクともしません。この間まで、あんなに鬱になって泣いていたのに。

たまに、チェックすると、私は転校生のように、そこに場所はないんだなってのがわかります。他のみんなはお友達と和気あいあいしてるのに、私は誰にも見向きもされず、変な人臭を放ってて、ネットでも圏外の女なんだなと冷静に思いました。

でも、ポールで、乳と卵が入ってないパンを探してるときなど、そんなことほんとーにどうでもよくなるんです。世界中のみんなが私を嫌いでも、別にそれがなに?みたいな強さが出て来ます。

ネットでも、こんな人間が、現実でお友達をまともに作ったりなんてできるのかな…不安しかないです。と、まず私にお友達欲しい欲ないのが大問題です。心が閉まってますからね。なので、すがるものが夫しかないのは事実です。

身体はくたくたですけど、あの担々麺うつが、ぴたりと止まったのは、すごいです。脳みそって、どうなってるのだろう。

f:id:ohmyfukafuka:20170402021739j:plain

↑ インターネットにおける私。真っ黒の中にぽつーん。待ち人来ず。