読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口

エクザイルを聴く人みんなが明治天皇に似ていますか?似てませんよね。それでいいんです。

ツジコノリコお姉様の「Solo」というアルバムの一曲目「Magic」という歌、そして、このアルバムまるまるが本当に好きなんですけど、好き過ぎて、聴くとだいたい泣いて泣いて泣いてしまうので、感情を動かしたくない時にはちょっと聴く事できないんです。

今は久しぶりに聴いていますが、やっぱり、やばくてやばくてやばいです。

外に向かって歌ってない、中に向かって歌ってる。そこが好きです。

孤独をこんなに美しく音楽に仕立てあげられるなんて、天才です、お姉様は。それに、どのアー写も、どんな写真でも、お姉様は絶世の美女です。生で見た時も、美しかったです。二つ結びで、タイツが赤かったです。

シアトルで彼女のショーを観た時、ここにいるほとんどの人は、彼女が何を歌っているかわからないんだ…歌詞を一瞬で聞き取れないんだ…と思うと、かわいそうなような気がしました。彼女の音楽は歌詞も込みで、さらに輝きを増しますから。

うちに泊まった、プエルトリコバンド、バルンの出番は彼女の1つ前でした。そして、彼らが彼女と一緒に撮った写真を見せてもらいました。うおー!私ももっと彼らとペラペーラ喋って、もっと友達できてたら、そこに混ぜて!もらえたかも!しれない!のに!と、いやらしく思ってしまいました。

スペイン語が母国語の彼らには、特に日本人のフラットな発音の英語が聞き取れません。英会話学校で、スペイン語のみんなは、RとLの舌を巻き過ぎよ!!と注意されていました。一方、私ともう一人の日本人、小田原から来た、19歳のイケメンで長身でシャイでハーフのリキは、発音に抑揚がなさすぎると言われていました。そうです、カタカナ英語です!

ふ〜、ほっとする。おノリの音楽を聴いていると安心します。ひとりぼっちになれるからですよ。

私は、音楽は人とシェアするものじゃないと思っています。人と聴くとか、一緒にライブに行くとか、好きじゃありません。それと、どんな音楽を好きかと人間性の間にもなんの因果関係もないと思っています。

エクザイルを聴く人みんなが明治天皇に似ていますか?似てませんよね。燕尾服着ていますか?着てないですよね。それでいいんです。

エレクトロニカは、テクノやハウスのようなバリバリの電子音楽を聴く人たちには、なまぬるいぜ!女子供だましだぜ!寝ちゃうぜ!音楽として、低く思われてるのでしょうか。よくわからないですけど、ええと…ハウスってどんな音楽のことでしたっけ…その二つの音楽と、エレクトロニカの違いは、メランコリーがないorノットだと、勝手に思っています。物悲しいんです。なので、ネアカの、パーチーピーポーには、エレクトロニカはきついと思います。

実際、ポルトガルのラファエルトーラ(タ?)ルのパフォーマンスを、六本木まで観に行ったとき、みんな体育座りで聴いていて、半分以上寝ていました…そして、モーマスが、小柄な日本人美女二人を従えてて、ウケました。

ちなみに、渋谷のユニオン、どんどんエレクトロニカコーナーは縮小されていて、下北沢店では、そのコーナーがもうすでになかったです…お茶の水のジャニス2には結構あって、私の神様、エンリコのデビューアルバムが二枚も500円くらいで売っていました……

www.youtube.com

エレクトロニカといえば、これっていうくらい「ザッツイット」なアルバムです。エレクトロニカの人は、みんな持ってるんじゃないでしょうか。発売当時、日本のミュージシャンたちもこぞっておすすめしていました。ドイツのカラオケカルクから出た、良き時代の良き音楽。ヴェクセルガーランド〜!

f:id:ohmyfukafuka:20170404001001j:plain