読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口 

品川区が好き

夫が来日してから、鬱が消え、彼が帰国したあとも、ぽかんとしているものの、まだ鬱は戻ってきていません。外に出かけず、家にずっといるにしても、鬱の時orノットだと、雲泥の差です。鬱の時は本当にムなので、座ってても、寝ていても、ク過ぎます。しかし、鬱じゃない時は、もっと「旧家」や「華族」などと、ヤフオクの検索窓に入れて、わくわくしながらタイムスリップを満喫できます。

「昭和レトロ」での検索に飽き「大正ロマン」にも飽き、検索ワードがどんどん渋くなっていきます。

大丈夫です。いくら人形が好きだからって、昔の雛人形には手を出す予定はありません…

去年、ジェニーに行きかけたんですけど、私はやはり、もこもこしたぬいぐるみ専なので、そこまで情熱的になりませんでした。ソフビにもそんなに興味はありませんが、こけしには…おう…ある!

ずっと、ラインが既読にならず、既読無視すらしてもらえなかった夫の生存を確認でき、ほっとしました。ebayで20ドルで買った私のお財布が届いた報告でした。ちゃっかり、向こうの住所とPayPalを使って、ebayもばんばんやる私です。日本まで送ってくれるセラーがほとんどなので、日本のPayPalのアカウントも作りましたが、まさかの失敗、名前を漢字で登録してしまいました。それじゃ、アメリカのみんな読めませんから。と、それを変更するには、PayPalまで電話しろと書いてあって、めんどくさくてそのままです…ああ、そのアカウントを削除して、作り直せばいいのか!と、どっちにしてもめんどさい…

雨の日曜の午後、はかどるのは昼寝。ぬいぐるみと川の字で寝る幸せ。ちょいと夫のことが気がかりでしたが、久しぶりに、心にグレーの雲がない状態で、リラックスできました。心配と緊張が特にない状態はいいのう。心がたわしの人はいつもないのかな、その二つ。そうだとしたら、そりゃ最強ですよね。心の病気を「気の持ち用」と言う気持ちわかります。だって、彼らにはそれが真実なわけですから。もちろん、悩みのない人は絶対にいません。でも、それをどうかわすかでだいぶ人生変わってきますからね。ドッチボールで、当たらないのが上手い人みたいに、逃げられる人は尊敬してしまいます。私なんて、外野から至近距離でぼーんと当てられるみたいな人生ですから、いてえ、いてえ、背中いてえですよ。

と、今の小学校でも、あんな過激なスポーツまだやっているのだろうか。あれ、ほんとに痛くて、男子でも痛くて泣いてる人いっぱいいましたよね…Sケンなどという、相手を転ばせて、膝小僧から血を出させるのが目的だとしか思えない遊びも流行りましたが、ひどすぎました。痛くて、絶対誰か泣いてました。

体育が嫌い過ぎたせいで、私は学校を好きだったことはないです。遠足や林間学校も大嫌いでした。運動会?おおおおおおおおおお、一年で一番つらい日でした。

ああ、でも、社会科見学だけは好きでした。森永の工場、国会議事堂、郵便局、新聞社、追浜の日産の車工場、火力発電所、電車の車庫、プラネタリウム。駅とパン工場は病気で欠席してしまったのが無念でした。友達がお土産のパンを持ってきてくれたのもせつなかったです。玉川上水に行ったときは、長いバスの旅で、ゲロンパになってしまい、今でも小山が笑います…

一方、林間学校、私たちはシティキッズだったため、日光の宿舎の部屋の窓や壁に止まりまくっている我に騒ぎまくり、キャンプをさせられるときも、みみずがいる!とかいって、叫んで、外でカレーを作らされ、それを外で食べさせられてる間も、蠅が寄ってくるので、みんなそれを追い払うのに必死で全然楽しくありませんでした。特に誰も自然に興味がないので、早く帰りたいとしか思っていませんでした。そして、私たちの班の泊まる部屋は「華厳」でそれは、おばけが出る部屋で有名だったので、たかちゃんがマジ泣きして大変でした。当時、品川区の宿舎は、その頃ですらも築50年?みたいな古さで、レトロというか、戦前からあるのかなみたいなぼろさでした。郷ひろみやチャー、そしてイノッチも泊まったと思います。

と、おう、真田広之大井町出身なのか。知らなかった。

時効なんでもう言ってもいいと思いますが、スピードのみんなは区内の中学で、高校のクラスメイトの妹と同じクラスでした、たかこちゃんが。そして、家に電話が来たの!と興奮して教えてくれました。

私がいつか健康を取り戻して、働けるようになり、自活できるようになったら、戸越に住みたいなと思っています。なぜなら、あそこはまだ、ぎりぎり再開発から逃れていて、うちの周りの昔を彷彿とさせる古い家にお店がたくさん残っているからです。武蔵小山は駅前にタワマンができてしまいます…

戸越銀座から戸越公園の間は穴場かなと思います。今のところ。おいしいおしゃれなコーヒー屋もできつつあって、なんたって、瀬尾商店がありますからね。

広告を非表示にする