毎晩、聴いているせいで、とうとう夢で、おノリのショーを近くで観て、彼女に「毎晩泣きながら聴いてます。大好きなんです」と言っていました。

いや、だいたいの時は、泣いてはないんですけど、ちょっと大盛りにしちゃったんですかね。

ここしばらくは全然鬱じゃないです。でも別にハッピーでもラッキーでもないです。フツーです。心に何も特にない。ジョーイがおもしろいことや、フィービーのスメリンキャットの歌が好きなことくらいしか、心のよりどころはないです。

この日曜、妹のお誕生日会に足立区まで行く予定なのですが、遠いので、それが今からゆううつです。帰りが特に長く感じます。やっと上野まで来た!と思っても、またそこから品川まで電車に乗らないといけません。

私の脳みそはうつ状態で、病気だって、ドクターが!言ってたんだけど!誰かちょっともう少し病人扱いしてくれてもよくってよ!!でも、まあまあ元気な人に家族には見えてしまうので、しょうがないですね。それは、抗うつ剤が作り出しているイリュージョンなんですけど、はあああああああ、そんなのわかってもらえるわけないですから、わかってくれなんて期待してません!特に5歳の先輩には無理です。でも、りぶみーあろーん〜!!放っといて!アッチは〜!ほんとは誰とも喋りたくないの、よ〜!!

こうやって、ネットの片隅でキャンキャン吠えて、息抜きするのが精一杯です。特に誰にも読まれてませんけど、いいんです!!自分のために書いてるんです!!

精神科の待合室、せっかく似たような病気の人たちがいっぱい座ってるのに、誰も誰とも喋ってません。もっと、鬱病あるあるみたいのをお互いに話せたら楽になるのに!怠けてるとか親不孝みたいに言われてきついよね、まじつらだよね〜とか、あの理由がわからないのに、身体が金縛りみたいになるのは何現象だろうね〜とか、そういうことを!!

アメリカにいる時から、すでに心臓はストレースのせいからおかしくなり、不整脈チェックのモニターはしたものの、結果は、ただのランダムな速い動悸という、なにそれ!最初から想像できたことじゃん!みたいなものでしたけど、今年は、ストレースから微熱が続くという怪現象まで起こるようになってしまいました。ストレース?いや…会社で働いていたり、子育てしている人みたいな大変なストレースなんてないと思うんですけど、傷ついちゃうのが光速ですから、それのせいですね。ほら、察することができない人&不愉快と言われた事件。あれが結構身体の細胞の隅々にまで行き渡りました、ショックが。

自分がナポリタンなことから、人に迷惑を掛けるのだけは絶対やだったんです。でも、実際はかけまくりで、私を嫌悪する人がいっぱいいた、いや、いっぱいはいないかな、ちょっといることに、ショックでした。気付いてたのに、失敗してしまったことに。

ドクターからもインターネット禁止令が出ています。じょじょになんとかTwitterを辞めるところまで持っていきたいです。実際、私のつぶやくことは不愉快なことなんだと思うと、つぶやけることが何もないです。恥ずかしいだけです。

 

広告を非表示にする