トランスコンチネンツのリュック〜!!!!!と昭和54年産まれのスター、七尾さん

渋谷はいつもカオスですけど、最近のカオスっぷりには、非感謝(驚)です。

こんなこと言うと、レイシストみたいで、アメリカに住んでた人の発言とは思えないと思うんですけど、うちの国にこんなに外国から観光客来なくてよくないですか?え?それって言っちゃタブーですかね?やっぱり?あっは、ごめんご!

銀座が中国の一都市になったのは、もうだいぶ前から知っています。店員さんも中国語話せる方が増えて、日本語で質問したら通じなくて、その人が日本人の店員さんを呼びに行くという、ここ外国なの?体験すらしたことあります…

秋葉原も、東南アジアの方たちと、白人の方たちが、すっごく増えてて、平日なんて、日本人より多くない?レベルでびっくりしました。まんだらけで、私が床に置いてあるバスケットの中の、昔の少女漫画を物色していると、隣の同人誌か、BL漫画コーナーの棚を白人女子が同じように物色しています。ほう?読めなくない?日本語はアルファベットすら使わないので、想像すらできなくない?でも、そうか…欲しいんだ。読めなくても欲しいんだ。すごい、すごいよ、クールジャッパーン!!

渋谷の交差点で、自撮りするのが、ステータスになっているんでしょう。あれはここ二年くらいですよね。この前なんて、5、6人のグループが、なんか手づくりパネルみたいのを抱えて、撮影してましたし、ビデオ撮影しながら歩いてる人が多いので、急いで歩いているこっちは、つんのめりそうになります。

センター街をコギャルたちが闊歩していた時代の方が、なんか好きだったなあ…文化があったでしょう。そのコギャルたちの文化と、私たちの渋谷系の文化。まだハンズ前の銀だこに人々が行列をなしていた頃。今は、あの街に文化はないです。レコード屋だけではなく、パルコすらなくなるなんて、誰が想像したでしょう。今は、ただの観光地に成り下がってしまいました。

ヒカリエやCOREDOのような、ファッションビルが林立してしまい、今までは、公園通りをせっせと上がりきって、神南まで行かないと行かれなかったようなお店も、駅からあっというまのビルの中に、すっぽり入ってしまっています。ドレステリアのあの木の床。靴音が異様に響いて緊張しながら三階まで昇らされたり、アメリカンラグシーーで山本寛斎マリマリを同時に見たり、アニエスが神聖な場所の象徴として中心にあり、日本のださいブランドになる前のXガールを並べている、ビームスの二階。

そして、おお!古着屋のtexとflower。その二軒が、私のマイファースト古着屋でした。中2か中3の頃でしょうか。くみちゃんが、キューティーに載っていた、フラワーのオリジナルトートバッグが欲しいと言いだし、一緒についていったのでした。そしたら、そこはニューワールドでした。ラベンダー色のボックスプリーツのミニスカートを買った気がしますが、後に妹に勝手にフリマで売られてしまいました…

アメリカに引っ越して、帰国した時に、ある日一人で行ってみました。そうしたら、神南はさびれていて、人があまり歩いていなく、なんとその二軒はなくなっていました。アニエスがとっくにないのは知ってましたけど、ショックでした。

でも、駅から遠いし、今時の若い子は古着着ないよね…H&MにForever21があるし…わかるよ、わかる。時代は変わっていくんだから。奥村チヨリバイバルしてファッションアイコンだったなんて、信じてくれないよね。

ピチT!!フェミ男!!スーパーラバーズ!!トランスコンチネンツのリュック〜!!!!!

最後、大爆笑。長らく忘れていました、あのリュック。入荷したそばから売れてしまうので、色を選ぶなんて作業はできず、私は自動的に白になってしまいました。ウケる…修学旅行にもしょっていたんや…ふ…

と、ユニオンもレコファンも、おじさんどころか、おじいさんばっかりになってしまいました。そりゃ、音楽好きな若者と音楽好きな外国人も混ざってますけど、20代がごっそりいない感じです。10代なんてさらにいません。女子もほぼいません。て、私の歳の女は子育て中で、CDやレコード掘ってる場合じゃないですから…

10代の頃も私はそれをしていました。20代の頃もです。そして、30代の今も同じです。成長してなくないですか?ずっと、ミュージシャンというものは、自分より一回り年上でした。それが、5つくらい年上になって、気付いたら、10歳くらい若い人たちになっていました。

私と同じ歳のミュージシャンは、七尾旅人高木正勝Dragon Ashの人、上原ひろみ…あとは、堂本剛さんです♥︎

全然いないじゃないですか…

www.youtube.com

しかし、この方は、100人分くらいの昭和54年産まれの魔法を操れる、魔法使いなので、十分ですね。天才ですね。この歌のメローでメランコリネスなんなんでしょう。恋ってこんな感じですよね。写生したかのように、歌に丸写しです。

この人には、恋人が7人いて、毎日ランデブーしてて欲しいですね。

フィッシュマンズがライブやった時、数年前に、七尾さんはナイトクルージング担当だった気がしますが、原田さんとハナ レグミは首にして、全部を彼に歌って欲しいです。原田さんのあの歌唱法がなんでか、いらっとするので、だめなんです。まだUAでいいです。

本当は、の子さんが、一番、在りし日の佐藤くんに似ていますが、そして、実際、ボーカルにも抜擢されていましたが、やはり、照れ隠しなのか、だらだらし過ぎ&歌をもう少し練習してくれないと、難しいでしょうね…

 

広告を非表示にする