ロイホよ、生姜焼きの復活を求む!

皿洗いました。気合根性男気で。

やっぱり夕飯は食べないとだめなようです。でも、食べた次の日でも、この全身に力が入らない現象が起こる事はよくあるので、本当になんなんでしょう。低血圧の症状に似てるんですけど、わからない。だから、鬱病だからさと言い聞かせても、謎は謎過ぎて、気持ちが悪いです。

と、11日のショーが当選しました。これは、絶対這ってでも行きます。ただ、7月なのが、夏過ぎて、大丈夫なのだろうか…そこで倒れたら、自分で救急車呼ぶつもりでがんばりたいです。

朝、ベッドから下りようと、もがもが、バタ足している状態のとき、LINEが来て、某人々から、今日原宿行くけど来る?とありました。どうあがいても行けねえべ。NOと即答しました。

しかし、そういえば、言いだしっペは私でした。まだ去年だったでしょうか。竹下通りで、全身コーデにチャレンジするから、一緒についてきて♥︎と、若い二人を誘ったのでした。

しかし、今はそういう面白いことをするのを目的に服を買う気分じゃありません。先輩に、太った魔女と呼ばれた、メキシコのワンピースに、昭和のピアノの発表会ドレスを、ノリで買ってしまい、心底、あほだったと後悔して、目が覚めたからです。

心も頭も、ム過ぎて、書く事が特に思いつかない…

ああ、そうです。梅沢富美男のインスタを見ていたら、彼もこっちの業界(ぬいぐるまー)の人でした。かばんに、小さい犬のぬいぐるみ、あれっくすクンを忍ばせていたり、奥さんとのお花見、仲間たちの宴会にも彼はちょこんとテーブルの上に乗っています。ウケる…いいよ!トミー!ファンになったよ。

あと、超有名人のぬいぐるみは、我らが高橋幸宏会長の犬、サーディンくんですね。サーディンくんは、大小といるらしく、会長は彼らとお留守番をしていたり、旅先にも連れて行くようです。さすがや…さすが、会長や。

それにしても…比べるのもおごがましいですが、これぞトーキョーライフのようなきらびやかな日常にうっとりしてしまいます。私の住んでる所も東京ですけど、違う街としか思えません。

私もたまにバカナル行きますけど、なんか、私がそこにいても…感がすごいのと、実際、隣のロイホの方が大好きなのです…育ちが知れてしまいますけど、ファミレスの方が落ち着くんです。テーブルが大きい所、コーヒーとアイスティーが飲み放題に、ジャワカレーにヨーグルトジャーマニー。接客もバカナルのイケメンのつもりの感じの悪いウエイターたちより100倍いいですし。パラダイスだぜ!デニーズ。デニーズも嫌いじゃないのですが、一番近いそこは、だいたいのテーブルの上にスポットライトがあり、それが眩しくて、頭痛が出てしまうので、あまり行かれません。喫煙席と禁煙席の壁が薄く、禁煙席でもばりばりくさくさな所もちょっと…

雑誌に出て来るような、こじゃれカフェも、あまり当たりません。自由が丘の、某おしゃれインテリアショップにある、アメリカのカフェを模したカフェ。最初に行った時、あまりにも失礼な応対に、たいしておいしくもないのに高いシェパードパイにぶち切れて、二度ど行くかと誓ったものの、嫌な思い出は、アップデートできたら、いいに決まってるので、もう一度チャレンジしました。

うーん、普通でした。そんなにちやほやされる意味がさっぱり…あれなら、老舗のモンブランで、マダムたちに囲まれ、アイスモンブランを食べた方がよかった。ただ、ここも接客が荒く、にっこり笑いかけてくれるウエイトレスに会ったことありません。みんな、イライラカリカリしています。言葉遣いは丁寧だったり、ケーキの持ち帰りは、ドアのとこまで持ってきてくれて見送ってくれたりするのですが、何かがずれてる感がぬぐえません。もう少し、肩の力を抜いて、ほほえんだらどうかな…