ゴンドリーinマイフッド♥︎

スケッチショウに坂本さんが混ざったのが、ハシモでいいんでしたっけ?

ミシェルゴンドリーとレオンカラックス、ボンジュノによる、東京についての短編映画三作で一本の、TOKIO!という作品の、エンディングテーマはハシモのトーキョータウンページーズでした。

すっごく、孤独な歌で、怖くて、あまり聴けないんですけど、素晴らしい歌です。もう1つの、ザシティオブライトも最高です。

この映画、シアトルの家で、カウチポテトして観てたのですが、ゴンドリーのインテリアデザイン、実家の超近所が出て来て、叫びました。藤谷文子が椅子になっちゃうやつです。相手役は加瀬亮でした。

おしゃれネイバーフッドは、山ほどあるのに、なぜ、このパッとしないこの場所が選ばれたのか謎過ぎます。と、共に、あんな大好きな大巨匠がマイタウンに来たのかよ!と衝撃が隠せませんでした。

 

 

広告を非表示にする