綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口 

Just older than someone, younger than someone

同じことを何度も何度も反芻していると、ポジティブシンキンピーポーからは、もうやめなよ、忘れなよ、前に進みなよ、と言われます。しかし、人によって、回復するやり方は違って、私は、それを定期的に思い出して、色んな角度から見てみようと、同じことを書いては、読んで、自分の中でまた咀嚼します。すると、見えて来ることが、少しずつ違ってきたり、新しく気付くことがまだまだあります。

それに、自分でも飽きてくるので、もうその話いいよ…となり、さすがにどうでもよくなって行きます。楽なやり方ではないですけど、まあ一段一段階段を上る感じで、時間はかかりますけど、最終的には、うさぎとかめのように、かめれるのを夢見ています。それか、アリですね、キリギリスじゃなくって。もう、37歳なんですけど、それより年上の女性、とってもたくさんいます。だから、私は自分をおばさんって言うことはしたくないんです。実際、以前、インスタで、もう35と書いたら、45歳くらいだった方にブロックされてしあったことがあります…彼女は、30代なんて、若いよーといつも言っていました。

そうです、40代からしたら、30代は若いし、50代からしたら、40代は若いし、60代からしたら、50代は若いんです。それだけです。黒柳徹子くらいの年齢になったら、私、おばさんだから〜って言おうと思います。でも、彼女は、数年前の婦人公論で、「老後になったら〜」と言っていて、え!まだ、自分は老後にいると思ってないんだ…すごい…と顎が外れそうになりました。