ちゃわんむしまろ、アイラブユー

いい時が、私の人生にもあったんだから、これからもまたあるに違いない。

そう信じて、つらい時間を耐えて、前に進んでいくしかないです。

夫のシアトルで家買うドリームwithミーですが、これは、ちょっと、あの、私だけじゃ決められる問題じゃありませんし、家買ってるような絆あんのかよ…と、つっこまずにはいられません。たったの、昨日、まだあずみちゃんを忘れられないんだ!なんで彼女はオレを捨てたんだ!オレはクレイジーなんだ!と、激鬱になっていた彼で、私に言われても困るんですけど、なんかかわいそすぎるので、ぴーすけになって、お父さん!ガンバ〜!とか言って、お茶を濁しつつ励ましました…鍵をかけたブログや、日記帳に思いを書くと、さっぱりするよとも言いました。

まあ、私の場合、鍵かかってないですけど…

二階に下りると、びっくりするほど涼しく、クーラー?と思いましたが、かかっていませんでした。そして、外に出ると、風が吹いていて、さらに涼しく、私の部屋だけが、チャゲッてるんだ…特別にトロピカルなんだ…ということに気付き、途方に暮れています。

5年以上、負の体験ばかりして、幸せは貯金をしてきました。そろそろ満期になって、ハッピーがどどどどどーっと返済されるのではないか。そう思うと、夢が広がりますねえ。お隣さんが、家を300万くらいで譲ってくれるとか、起きないかなあ…宝くじ買ってみようかなあ。そして、雨漏りを直したり、ベランダに屋根をつけたいです。

なんか、現実的な夢過ぎてロマンがないですね…ああ、ラブ…スカーレットオハラのような、ジュリエットのような、ベッキーのような!!

それか、小野小町みたいなのでもいいです。相手はちゃわんむしまろでお願いします。

 

広告を非表示にする