先輩、5歳最後の日

今日は、ぴょこ先輩、最後の5歳の日です。

このところ、極端に、ほっぺもみもみ、ギュー、チューを嫌がります。今も、FaceTimeで、その話をしていて、絶対やだ!するなら来ないで!と言うので、じゃあ、ママのほっぺ触るからいいよ…と言うと、ママも、え〜!と言い、代わりに、ぴょこがアッチ(私)のほっぺ触ったら?と言いました。

私は、全然全然オッケーなので、いいよ〜ん、おしりも、おっぱいもあるから〜!と、今、シャツを持ち上げ、おっぱいを半分出し、昔を思い出して、飲んでもいいから☆と言ったら、ブツッと、電話を切られました…

そこまで嫌われている、私のおっぱい…

ほっぺもみもみもいいですが、乳児、幼児の、首の下に手を入れて挟まれて、ほっぺを感じるのが好きすぎるんですけど、これは変態の証拠なのでしょうか…

男の人が女のお胸に対する気持ちは、こんな感じにパッショネイトなのだろうか。ああ…そりゃ、触りたいですね…大きい方がいいですよね…ああ…そうか、そうなんだ…

勉強になります。

と、今、FaceTimeをかけ直してみたら、出てもらえないんですけど…く…6歳になんてなっちまったら、もっと脳みそが成長して、賢くなり、アッチの馬鹿さを笑ってくれなくなってしまう…3歳の時なんて、大爆笑だったのに…

と、そういえば、私は彼女の産まれる5日前くらいに、歯列矯正のために、歯を5本、全身麻酔で一気に抜いて、彼女が産まれた頃は、まだチョモランマ痛くて、大変でした。上の親知らず二本は痛くならないんです、あまり。でも、下の一本、すっと抜けずに、歯を砕いて抜いたとこが超痛かったんです。歯というか、骨の痛みですよね。

そして、痛みが引いてすぐに矯正器具をつけました。それは彼女が産まれて一週間ごくらいの、6月1日でした。

二年から二年半と言われた、矯正期間は、途中、引っ越したりなどして、5年1ヶ月かけて、去年の7月に無事に取れました。

一方の先輩は、5歳1ヶ月など、とっくに経過して、どんどんどんどん大きくなっていきます。

ああ〜!!さみしい〜!!おめでたいけど、さみし〜!!

広告を非表示にする