綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口 

自分が種を蒔いて、真っ黒な花が咲いてしまった場合、私はそれを桃色にするまで、幸せにはきっとなれない

渡邉くんのFacebookには、子供とワイフの写真だらけで、肝心の彼がまったく写っていません。

結婚されたの、2007年なんだ…私は2008年の1月なので、だいたいあのくらいなんだ…ふーん…

なに?なんで?私、この心の痛みなに?

男子の成長っぷり、変わりっぷりは知ってるけど、こんなに人ってまるくなるんだ。家で茄子育てるようになるんだ。

奥さんは、あんまりかわいくない。

と、とうとうやりました。

高校時代からの親友、道子にメッセージを送りました。Facebookからです。年賀状が来ても無視し続けていた最低の私です。

なぜ、こんなことになってしまったかというと、私たちは、もう一人、ともえと三人組だったんです。でも、私とともえの関係にひびが入ってしまい、すると、三人組がおかしくなってきて、私は、ともえを傷つけた罪悪感でどうすることもできず、道子とも遠ざかるしかなかったんです。

あんなに、つらいとき、助けてくれた2人に、外道の私は、結婚の報告すらしませんでした。人間として、最悪です。

彼女の上の子は、もう6年生で、次男が産まれていました。その子ももう4年生とかでしょう。旦那さんの仕事の関係でシンガポールに住んでいるようです。

彼女は、高校で一番頭がよく、奨学金もらったり、表彰されたり、送辞読むような、立派な子だったので、今でも、お母さん、ちゃんとやってるでしょう。

ねたんだり、そねんだりした頃もありました。3年間毎日登下校が一緒だったので、倦怠期もありました。

彼女は、中学から彼氏が途切れたことがなく、それも私をみじめにするには十分でした。

でも、あんなに人間ができてる人に会ったことはなく、そんなすごい子と、席がたまたま隣、そして、同じ品川区民ということで、仲良くなれたことはラッキーでした。

この10年、忘れたことないです。

私は持ってたんです。素晴らしい友達持ってたのに、心が貝のように閉じているため、皆の親切や愛情を受け入れることができなかった。

返事が来るかは、わからないけど、過去の失敗や後悔をやっぱり1つずつ清算していかないと未来がないです。

次は、ともえと、あさと、そして、ゆうこ、ふゆです。

私が、謝罪しなければいけない人たちは。何人いるんだよって感じでしょう?

私は、人間失格でまあ間違いはないです。

ごめんね、みんな。そして、ありがとう。

f:id:ohmyfukafuka:20170602003830j:plain

 

www.youtube.com

せんだ〜んり〜ん〜せんだ〜んり〜ん!って、おう!城みちる