綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口 

ちゃんこ屋をオープンするまでは死ねない

ガッチャ、ガチャガチャリ。

ブログに鍵を閉め、ブログを書かない間、自分のことを考えないことを、全力で考えていました。そして、至った結論は、私は死ぬまで自分なので、自分のことを考えることをやめるのは不可能じゃない?むしろ、考えない方がおかしくない?でした。

イエー!!アイムバーック!!

でも、できるだけ、ネットからはなれようと努力しています。ヤフオクメルカリゾゾユーズドはオッケーです。

私、ちょっと危険な状態になってきている!と思ったんです。知らない誰かのつぶやきや発言(ネガチブなもの)が、自分に矢印が向いている気がしてしまう空想がどんどん広がってきてしまって。(妄想じゃあないんですよ。それが間違っている考えだということを、一応自分で認識できてるので、それは空想なんです、まだ)

ある方の発言に見事に引っかかりました。私がよかれとしたことが相手には嫌がらせに取られてしまうことは、長い人生で、度々あるので、それはしょうがないと思います。みんな同じです。誰にでも起こることです。私みたいに、いちいちぞっこん落ち込まないだけで、普通のことだと思います。

でも、ふと、思ってしまったんです。私の、感じること、思うこと、言うこと、すべてが、もしかしたら、誰か、いや、誰かズ、この世のほとんどの人には「悪いこと」なのかもしれない。私がこの世に存在することは、それだけで嫌がらせなのかもしれないと。

別に、友達になんて、彼氏になんて、なりたいなんて、そんなあほなこと思ってなかったんです。ただ、弱ってる人を見ると、大きな声で「ガンバルンバ〜!!そこで踏ん張れ、私の落ちた穴には落っこちてはいけない、ここから出るには相当の努力と時間が必要なので、なんとか、逃げ切るんだ〜!!」と叫びたくなる衝動が大きかったんです。そして、その方は、たまたま、どこの会社の人かが丸見えだったので、住所がわかっちゃったんです。すいません…

他にも、2人の育児に精神がだいぶ参ってる男性もいました。その方が弱音を吐くのを見かけると、やはり、全力で応援してしまっていました。すると、愚痴っていたはずなのに、私の応援の気合いがすごすぎるのか、たいてい「いや大丈夫です…」と返ってくるのです。今思うと、私の気合い振りから、この人、俺に気があるのかな…と、やはり思われていたのかもしれません…男の人の脳みそは、女が自分に褒め言葉をかけたり、優しくして来ると、それは「ホの字」のサインとしか受け取れない仕組みになってるのを完全に忘れていたゆえのミスかと思います…

と、弱り始めた時、薬以外に効くのは、私には、くだらないおもしろいことと、ぬいぐるみに漫画と音楽、そして、先輩(ほぼ幼児卒業、6歳女子)のほっぺをもみもみすることです。(…ええと、今はどれもビミョーですけど…)

ケーキとパフェに頼った時期もありましたが、太りました……

今は反動で、アイスも全然食べたくありません。あんなに中毒だった生クリームにもピンと来ません。しかし、スーパーのシュークリームには、抗えません。あと、鯛焼きブームも続いています。新橋の鯛焼き屋がおいしいんですけど、それ買うためだけに、新橋まで行けないので、近所の微妙な鯛焼き屋ので我慢しています。

精神の病気は、まず、身体の不調として現れます。眠りがおかしくなります。体が動かなくなります。だから、ハッと思ったら、そこでなんとかがんばって欲しいんです。鬱状態によくなるのと、鬱病患者の間には、意外かもしれませんが、渡りきれない川が流れており、こっち岸に来てしまうと、向こう岸に帰るのは、ものすごく大変なんです。

よく、死にそうだった人が生き返った時、よく、向こう岸に死んだおばあちゃんたちがいて、お前はまだこっち来んな!そっちに戻れ〜!と言っている夢を見たとか言いますよね。

そうです、そのおばあちゃんが、私です!!!!!

私は、今日も精神科でしたが、もうすぐ通って二年も経つのに、良くなるどころか、どんどん悪化していて、薬の種類と量が増えていくばかりです。頭痛が、二日に一回くらい出た先週だったと先生に言うと、頭痛予防にもなる抗うつ剤に替えましょうと言われ、その場で、先生は、それがなんて言う名前で、どんな副作用があるかなど、薬の説明をしてくれないので、受付で、初ご対面になるのですが、その、ニューメンバーなはずの薬は、まさか、まさかの、去年飲み始めて一ヶ月で体重が10キロ増えた、魔法の薬、トリプタノールでした……

去年は10mgの水色の玉が、今回は、25mgのレモン色にパワーアップしています…うっそ…これ、太るのがつらすぎるので、いつものレクサプロに戻してくださいって、勇気を出して言った、精神薬界のブル中野みたいな、超ヒール的存在の薬です。

アメリカの先生は、これは昔々流行った抗うつ剤で、今は偏頭痛予防以外の用途では(鬱病の治療には)使われてない、オールドファッションなやつだよ、ハハハハハハと言っていました。21世紀型の抗うつ剤に比べると副作用がひどいんです。口がカラカラになり、便秘、おトイレが出てこない、そして、太る…

うっそ、うっそ。絶対飲みたくない…でも、1日置きに、サッチーとミッチーがケンカしてるみたいな頭の痛みに苦悩する人生もいやや…

睡眠薬も2種類飲んでいます。それらは熟睡を誘うというふれこみのものですが、最近またノンレムれなくなってきたようで、悪夢見まくり、寝ながら、うっすら意識があるまま、明け方起きて、眠りに戻れないという、最低最悪の道一直線に進んでいる気がします。

これを治すには、薬増量するしかないじゃないですか?そうしたら、私の健康はまた私から遠ざかり、ケミカル星人のままでいなければいけない。別に、味の素かかってる食べ物食べてもいいですけど、こんなに、身体がケミってるのは、さすがにいやです!!献血もできません…

ああ…東京中の神社を廻って、健康守り買いあさりたい。

だから、あなた〜!!どこのあなたかは具体的にはわからないんですけど、疲れてるな、弱ってるなと感じたら、自分の好きな物に囲まれて、自分を甘やかして、あまり、自分のだめなところを数えたりしないでください。

私のいる世界は、灰色から真っ黒になりつつあります。あきらめる気はありません。またへこんでは、落ち着いて、へこんでは、落ち着いてのくりかえしでしょうけど、ちゃんこ屋をオープンするまでは、死にません!!

f:id:ohmyfukafuka:20170615232322j:plain

あ、この自由が丘のいつも行列しているチーズタルトのお店、実はソフトクリームもあり、それがとってもおいしいんです。私の中では、東京でベスト3に入ります。量ももりもりですし。

他においしいのは、大森アトレの一階に入っている、あの、釜飯屋の立田野茶寮のものです。立田野は、すごい勢いでお店がなくなっていっていますが、釜飯は流行らないのでしょうか。銀座からもなくなっていました。でも、ここのセルフの甘味どころは、あんみつやほうじ茶ラテなど、色々おいしく楽しいです。

後は、無難に、ヨーカドーのスナックコーナー、ぽっぽの普通の白いのがいいですね。