綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口 

少年隊の「ABC」の振り付けを考えて友達に強要した結果仲間はずれになった話

ああ〜!!思い出してしまいました。

小学三年生の頃、私と、CちゃんとYちゃんと三人組で仲が良かったのですが、私が、その組に「ミートペッパー」という、なんかステーキのシーズニングみたいな謎の名前をつけ、Cちゃんを「ちやや」、Yちゃんを「コゆみこ」、自分を「キゆみこ」という芸名で呼び、うちの階段の踊り場で、この曲で、踊りの練習をしたのです。

踊りといっても、ABCのところで、頭の上で、YMCAみたいに、アルファベットの形を作るだけのものでした。

しかし、2人はそれがとってもいやだったみたいで、私は、見事にはぶられました…

小学3年の時に、私はクラスメイトの投票により、ネクラチャンピオンになったのですが、親しい友達の前では、持ち前のこのワケワカメさが爆発していたのでしょう。そして、自分が思うより、私は、踊りが好きな子供だったのではないでしょうか…

今、大発見をした気持ちでいっぱいです…

ちなみに、コゆみことは、今も友達ですが、このときのことを今でもしつこく言われます。ほんとにやだったと…

皆さんも、オリジナルダンスは1人でした方がいいかと思います…