チャゲが来る…もうすぐ来る

写真をトロピカってるものに替えたんですけど、どうでしょう?チャゲってますか?

チャゲといえば、なつなつなつなつアイランドなので、チャゲるという言葉の意味は、夏が来るという意味です。辞書には載ってません。私が考えた言葉だからです!!

今日は、萩尾望都先生の「部外者」を読み始めましたが、これは…もう読んだことがあった…この前も、持ってるのと同じ作品を買うというポカを犯しましたが、またやってしまいました。タイトルをいちいち覚えてないので、忘れちゃうんですよねえ。どれもなんか似てるので。

竹宮恵子先生の方が、Sってるので、あまり買わないですね。でも、買ってもいいかな。ジルベールの前の苦労していた頃の作品。彼女は、ジルベールを描いてから、エロチックがありあまりすぎているゆえに、雑誌に掲載してもらえるまでに何年もかかっています。天然で才能ぽーん、おっとり、ゆったり、マイペースな萩尾先生とは対称的に、闘争心がボーッと燃えています。それが焦りとなって、作品に出ています。

ジルベールも、少年たちのエロスを描く方に重きを置いたのか、肝心のジルベールの心持ち、悲しみが丁寧に描かれていないので、ただのSの変態みたいに見えてしまって、セルジュがかわいそすぎます…

昔の少女漫画の場合、愛が伴わないと、セックスはノンです。現実では、イエーですけど、少女漫画では、愛のないセックスは基本だめなんです。まあ、集英社の昔の漫画は、小鳥みたいなキッス止まりですけども…

ただ、そのわりに、先生と恋愛/結婚してたり、わけがわかりません…いまなら逮捕されるでしょう…

あと、未成年の喫煙、飲酒シーンももりもり出て来ます。

ただ、当時は、シリアスに、そっち関係をABCと言っていたのは本当らしく、真剣なシーンで「あの子とはCまで行ったの?教えてよおおおお」と、女子が号泣したりします。私的には、Cって…と、爆笑しちゃうんですけど、彼らは本気です!

あと、永遠のミステリー、Bって一体なに?問題が頭を悩ませます。おっぱいを触るとそれがBなのか、それ以上、あれ未満のことを指すのか、おゆみにはさっぱり…