積み木崩せるような玉じゃなかった…

深夜、バイクを盗もうと、またいでみたら、なんと足が着かなかったんですよね…それに、自転車にすら乗れない私がどうやってバイクを乗りこなすのだろう…と、ハッとして、あたいは…積み木崩せない…非行少女になんてなれないんや〜!女スケバン長に、フランクフルトほぼおごらされたじゃん…じゃん…じゃん〜!!

ということで、朝一番に、お医者まで行きました。自転車に乗れたら、駅まで颯爽と楽々と行けるだろうに、無理なので、サカサカと日傘と共に日陰を探して歩きました。

前に、五分前に到着したら、まだドアが開いてなく、エレベーターを降りた所の一畳くらいのところに、四人のメンへラーラたちがみちみちに詰まって立っており、そのドアが開くまでが、気まずくてたまらなかったという思い出があるので、いつも10時ぴったりになるくらいに行くのですが、今日は5分前に行ってみて、ドアを開けたら、もう10人もメンへラーラが座っていました。というか、もうすでに診察が始まっていました。受付の人が、他のメンへラーラと会話しているのを聞いてしまったのですが、土曜日が一番混んでるらしいです…

精神科の待合室、何がすごいかって、メンヘラ率が100%なとこです。色々なタイプ、ファッション、年齢の男女がいて、やはり心の病気は脳のエラーで、特にこのタイプの人間にだけ起きるということはなさそうです。

85分待ちました。。冬の内科、春の耳鼻科ってこんな感じに混んでるのでしょうか。ここでは、毎週、というか、月曜も木曜も、基本的にいつも混んでるので、春夏秋冬大繁盛ですよね。

患者の数に対して、クリニックが足りないんだと思います。歯医者が多すぎる問題がよく取りざたされますが、彼らは今から精神科医に鞍替えできないんでしょうかね。そしたら、こっちももっと便利なのになあ。

シアトルでも、偏頭痛予防として、抗うつ剤を一年四ヶ月飲んでいました。体重が6キロ増え、ドライマウスっていうんでしょうか。口から唾液がゴーンしてしまい、カラカラの砂漠みたいになって、すっごく苦しくなるんです。息はできてるのに、できてない!みたいな。

それの処方箋が出て来たので、それを持参して、「先生!先週頂いた薬って、これと同じじゃないでしょうか。私、これから得たのは体重だけで、頭痛は全然治りませんでした!」と言いました。すると、先生はそれをじっと見て、いや、これはちょっと違う、とおっしゃりました。おう…どっちも、抗うつ剤第一世代、オールドスクールのやつなはずなのに、違うんだ…おお…

と、その作戦は失敗したので、素直に、これは去年飲んで、12キロ近く太って、皆に、でぶでぶでぶでぶでぶでぶでぶでう笑われて、お腹つままれたりして、つらかったので、本題の鬱の問題とは違うところで、プチ鬱になってしまったので、も、も、も、も、も、もし、よろしければ、ノーセンキュ〜〜〜〜〜〜お願い致しますと言いました。

すると、あっさり、他のに替えましょうと言ってくださりました。今度の人は、2010年に認可され、日本では2015年に発売され始めた、本当に期待の新人のようです。名前は、サインバルタさなんです。

第二世代のいわゆるSSRIでもなく、第三世代のSNRIと呼ばれるグループに属している人とのことです。

この人は、慢性腰痛症に伴う疼痛

にも効くらしいです。おお〜!!腰と背中が痛くなって、夜中に湿布を貼ることを週に三回くらいしている私には素晴らしいおまけです。

副作用もあまりなく、太るどころか、やせたりするらしいです。うっふ。

あと五キロ〜!!