綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口 

ねずみが私のファッションアイコン

私は、日本だと、シンゾーンというブランドの服が好きなのですが、ここはタグがマイダルタニアンと、なんとかかんとかシンゾーンというものと、セレクトされた物たちが並んでいるので、セレクトショップなんだろうか。なんで、二つも違うオリジナルブランドがあるんだろうとずっと謎でした。

2001年、東京・表参道にセレクトショップ「シンゾーン(Shinzone)」がオープン。2015年、手掛けていた2つのブランド「マイ ダルタニアン」と「ミラーオブシンゾーン」が統合し、ブランドも「シンゾーン」として展開。

ああ、謎が解けた。そういうことだったんだ。

と、定価だと、高いので、私はもっぱら、メルカリやゾゾユーズドで買います。500円のカーディガンを私が買うと、その社長は、5億の絵を買えて、彼女のさえこがシャネルのバッグなどを買う費用になる仕組みになっているのは知っています。でも、さえこの得より、自分の得の方が大事なので、最近は、バンバン、ゾゾッています。

今日も、あの黒い箱が届きました。そして、4つくらいが、シンゾーン&マイダルタニアンの服(400円や800円のもの)だったのですが、色が、なんとまあ見事にすべて、ねずみ色でした…

ねずみ色は、黒にも紺にも、色のある服にもなんでも合うので、重宝するのは確かですが、そんなにねずみに私はなりたいのだろうか。注文したときは、ここまでねずみなことに気付いてませんでした。

以前に、そこで買った服も、紺もまあまあありますが、やはりねずみ色が多いです。

心の空模様がいつもくもってるので、それが無意識に出てしまったのだろうか。でも、いくらなんでも、ねずみになる気はありませんでした。

心がどん底になり、自分でも色々と、策を練ったりしていました。おととしくらいは、ピンク療法を思いつきました。服や寝具をピンクにして、エストロゲンやプロジェストロンだかを上げて、気持ちをアップさせる方法です。ほら、産婦人科って、壁紙がピンクだったりするでしょう。しかし、特に結果が出たかはわかりません…

と、最近は、今までまったく興味のなかった、黄色、レモンのような淡いイエローに惹かれます。曇りか雨ばっかりなので、お日様を心が欲してるんでしょうねえ。。でも、夏に黄色を来てたら、蜂に刺されそうで怖いですよね…蚊も寄ってくるでしょう…

美輪さんのように、髪の毛を黄色にするという手もありますが、さすがに勇気は出ません…

あと、私は、カーディガンをライナスの毛布のように思っているらしく、買うのが止まりません。だって、400円とかなので、まあ一枚あると重宝するよな、と冷房対策、日焼け対策にと買ってしまいます。

その結果、カーディガンが、ショート、ミディアム、ロングとすごい数集まってしまいました。基本はプチバトーのスナップボタンのVネックです。しかし、それも、ええと、7色くらい揃ってしまい、もう…いらなくないかな…

好きだなと思ったものは、色違いを揃えたい、集めたいという、オタク特有の癖が出てしまい、ヤフオクやメルカリをくまなくチェックして、完全に変態です。

f:id:ohmyfukafuka:20170625011106j:image