綿 in a stuffed brooch

おちょぼ口 

永楽よ、永遠なれ。

ハロー、ハッピーサンデー!

あたいたち、いつのまにか、中高年になってて、最高ね〜!

私は、若者時代から、フェスは敬遠してましたけど、今は若者が敬遠する時代なんだ。知らなかった。テントで、そこら辺で出会った人とお契ったり、裸ん坊の人が川で行水してたり、フリーセーックス〜!と叫ぶ、ヒッピーみたいな人がいっぱい裸足で歩いてるのが、フジロックっていうものかと思ってたんですけど、違うんですね。

あと、ほら、日陰がないイメージで。

でも、カウンセラーさんに聞いたら、日陰あるとのことでした。サマソニだと。へえ、知らなんだ。でも、まさか映画館みたいな椅子があるわけじゃないし、立ち見ですよね。そりゃ無理さ…ハハハハハ。

今日こそは、どっかのブックオフくらいには…と思ったのですが、ちょっとコンビニ行っただけで、汗だくになり、こりゃ無理だと、アイスコーヒーを冷房の効いたこたつルームで、いつものように飲んで、座っています。。

お隣の、ヤングファミリーなど、もうとっくにお出かけです。先週、聞こえてしまったんですけど、ママが「おいしいジェラート屋まで、上大岡に行くよ〜!」と言っていました。へ?大岡山の間違いじゃなくって?あの、京急の終点になりがちな方の?横須賀だかそっちの方の街まで、アイス食べに?

おおう、おう…もちろん、マイカーでブーンと行くんでしょう。す、す、すごい。お金持ちファミリーは、スケールが違うぜ…(お隣さんは、奥さんのお父さんが社長で、家も彼がキャッシュでぽーんと買ったんですって…)

場所的に、その家と土地は、不動産やも親戚も、絶対うちの誰かが買うべきだと皆が言っていました。そこは、いわゆる死に地で、うちを壊さない限り、建て直しができない場所にあるからです。築50年に、柱を補強したり、内装をきれいにしただけなので、家にも価値はそんなにないです。でも、お庭が大きく、昔は桜の木があり、瓦屋根のいわゆる昭和の素敵な家でした。それを、ビミョーな改装で、ビミョーに洋風にされてしまい、中も見せてもらいましたが、子供の頃、遊びに行ったときの面影はゼロで、味も素っ気もない家になっていました。

離れがあって、そこは自費出版で童話の本を出していた、偏屈なご主人の書斎でした。本棚が、二重になっていて、レールで、手前側がサーッと動くあれで、子供おユミはそんなイカした本棚見たのは初めてだったので、興奮したものでした。あの大量の本、今はいずこへ…

奥さんは、地味でおとなしい、サザエさんのフネさんに似ていました。ひっつめ髪で。

一人息子さんは…不思議な人で、頭がちょっと不思議でした。見た目は、バックtoザフューチャーで、昔に戻ったときの、お父さんの若い頃にそっくりで、いつも独り言言ってる系で、おうちには、アニメ雑誌がたくさんあり、ナウシカの漫画なども見かけました。

奥さんは、白いブリーフがお父さんで、紺のブリーフが息子さんなことを教えてくれました。不思議なことに、お二人とも、うちの父と同じく、名前に「清」が入っていました。同じ住所にいる、男三人衆は、みな、清◯◯。スケキヨ、スケトモ、スケタケみたいな感じで、イカしてます。そういう、どうってことない偶然に、私はものすごくぐっと来るタイプで、生きてる意味や楽しさって、こういうとこにあるんじゃないかな、なんて大げさに思ってしまいます。

お父さんが、突然死してしまいました。そして、11年の震災が起きました。不思議な息子さんは、お母さんを連れて、沖縄に非難してしまいました。たまに、家に戻ってくると、鉢合わせたうちの母に「放射能があぶないので、こんなとこいない方がいいですよ」的なことを言って、立ち去ったらしいです…

そして、お家は、素敵だったおうちは、住む人をなくし、草ぼうぼうの、ほぼ空き家、廃屋状態がしばらく続きました。

そして、お母さんは、縁もゆかりもまったくない地、沖縄で、亡くなったそうです。

……50年以上、この町、品川に暮らして、勝手知ったる家で、なめくじが上ってくる木に塩をまいたり、なじみの台所でほうれん草の胡麻和えなどを作って、生きてきたのに、お母さんは、そんな最期、幸せだったのかな。

息子がちょっと不思議に生まれてしまったばっかりに、息子はずっと独身で、孫の顔も

見る事ができず、女として幸せだったかな。おとなしい方だったので、お友達が訪問してくるシーンなども見たことないです。人生楽しかったかな。大丈夫だったかな。

なんか…不思議な息子の不思議なエゴで、沖縄に行かされて、私には不憫でかわいそうとしか思えません。

不思議な息子は、この辺のどっかの電気系の会社で、一応ちゃんと正社員でずっと働いていましたが、今では沖縄で、整体師やってるそうです………

と、彼は、売ったんですね。家族の思い出がつまった家を。(うちもそっちも土地は借地だった)

土地の大家さんが亡くなり、この辺りの人々はドキドキしました。彼は土地持ちで、うちとお隣以外にも、土地を借りてる人たちがたくさんいたからです。案の定、横浜かどっかに暮らしている、長男は、相続税が払えないからと、全土地を売る事にしました。が、ここは、地価が超上昇している品川です。みんな、とつぜん買えません。

ある日、不動産家が来ました。すると、彼らは、隣の死に地とうちの土地あわせて、3億だか5億で買ってちょんまげ☆と言ってきて、父は縮みあがりました。そんな金もってねえからです。

しかし、私の不幸の分、家族に幸福がまわってきたのでしょうか。その不動産家からまた違う不動産家に売られたのか、今度は、そこの人が、うちの土地だけ買わないかと話を持ちかけてきました。借りていられる権は30年でした。私が7歳の時にこの家と店はできたので、ちょうど今が時効でした。父は、所有権だか商売やってる権の方が強いンだぜなんて、いきがっていましたが、マンションにするから、立ち退けと言われたらどうするんだろう…という不安がみなの頭にはありました。

値段は、そんな億じゃないです。全然もっと安かったです。

そして、父はもう63歳になっていましたが、まさかのその歳からのローンライフがまた始まりました。ただ、父の母ちゃんは、土地やアパート持ち、株もやって、自分の身なり、食べ物などには気を遣わない、お金を貯めることだけが趣味みたいな人だったため、半分くらいは、遺産の生前分与とのことで払ってもらいました。

こっちのばあちゃんは、いつもお金の勘定をしているせいか、頭、全くぼけていません。もう一人のばあちゃんより、強いので、膝が痛ければちゃんと一人でお医者にも行けます。(もう一人は、気が小さいため、お医者なんて、おばさん産んだ時以来かかってません…転んで手首を折ったときは、いやいや行ったものの、骨密度がどうちゃら、骨粗しょう症になりかけてるだか、なりそうだか、先生に言われて、それをいちゃもんだと決めつけ、ぶち切れていました。お医者は、私たちをだましてお金もうけをしている、がこっちのばあちゃんの信条です。人間を、自分以外、信じてないんです…)

と、そんな事情なので、いくら、品川区で、ペンシルハウスじゃなくって、今の家の隣に立ってて、妹夫婦が住むのにぴったりと言っても、誰もお金をもう持ってないのでした。あ、ええと、私の夫以外は…

去年の夏、夫がアポなしで、うちに来たとき、その話をすると、内見したいとか言いだし、値段的には俺買えるし、とか言いだし、見たものの、もう、そのお隣さんが買う事にほぼ決まっている。もし、ほんとに買う気なら明日のお昼までに返事ください!と言われ、夫婦生活は壊れたままで、彼は、彼女に仙台で会った足で、私のとこに来ていて、第一、アメリカ暮らしのアメリカ人が、どうやって、円で、日本の家を買うのか、ローンはどう組むのかなど、まったく勉強をしていないので、なにもわかりません。

買えっこないじゃないですか…

うちの母だけが、目をキラキラさせてましたが、もちのろん、その話はは流れました…

でも、あの大きさの家をこの辺で買うとなると、おそらく3倍の値段はするんですよねえ。品川って、これからどんどん再開発が進むらしいです。新駅もできて、リニアモーターカーの駅にもなる。なので、この辺りは、そこから近いので、オリンピックにあわせても、どんどん高くなっていて、この町の味であった、古さが日毎日毎に壊されて行きます。

目抜き通りの、大正時代からあった銅板建築の建物の八百屋さんも、数年前にお店を閉めて、先週とうとう、建物が壊されてしまいました。

これ、ご本人がTwitterとインスタでおっしゃっていたので、言っても大丈夫だと思うのですが、この町に9歳くらいまでお住みになっていた、私の大好きなミュージシャンことTさんがいらっしゃいます。彼の作る音楽はとってもクールなので、まさか、彼がうさぎを追っていた故郷が、私の地元だったというのは、本当に衝撃で、それを知ってから、彼のその後の芽になるようなものは、どこに落ちてたんだろうという視点で、町を歩くようになりましたが、どうしても、ださい、なにもない、古い、貧乏、寺だらけ、という感想しか見つかりません。

彼が今、ここを歩いたら、タワーマンションに低いマンション、ペンシルハウス、お金持ちたち。昔の面影がどんどんなくなっていて、大ショックだと思います。栄えていた商店街、品川銀座は、10年くらい前に解散してしまい、今ではシャッター通りですらない、ただの道になりました…

ああ…永楽…永楽は、あの日のまま、そこにありますね…

f:id:ohmyfukafuka:20170805210934j:image

この小路は通学路で、よくねずみ見ました…Tさん!行列する人たち用に椅子が外に並ぶようになりました。今度また息子さんとカンバックしてください!平日、半端な時間だと結構ガラガラです。

 

 

 

f:id:ohmyfukafuka:20170805211214j:image

(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)