彼女はいつも花みたいに

さくさくさくさく

さくら咲く

頬をピンクに染めて

男にウインクしてみせる

男は一発であたしを見上げる

 

ばかみたい

 

あなたに恋なんてしてない

私のチークはね

マタハリって名前の色なの

男はばかだから

みんなあたしに

恋されてると思っちゃう

 

ばかみたい

 

枯れたうめの下でうめいてる女

あの女の旦那が

あたしに夢中になったのは

あたしのせいじゃないのに

とんだ八つ当たりよ

茶色まみれの哀れな女

 

ばかみたい

 

つばを吐いてつばきが濡れる

あたしを

触りたい男たちがたくさんいる

あたしのつばきを思いすぎて

あいつもあいつもあいつも

きちがいになった

あたしを責めるのはまちがってる

あたしはただあたしなだけだもん

 

ばかみたい

 

男たちは空想する

ピュアなあたし

あばずれのあたし

彼らの夢を具現化するのは

だあれ

あたしは知らない

 

あたし、わざとじゃないわ

あんたの勝手じゃない

負けた女が攻撃してくる

それも

あんたの勝手じゃない

あたしには関係ないのに

むかつく

 

ばかみたい

 

バラバラになったバラはもう

元には戻らないのに

棘のついた枝でチャンバラごっこ

あのきちがい夫婦は

いつまでやるんだろう

意味なんてないのに

あの女の男はあたしに夢中だし

 

ばかみたい

 

あんあんあんあんあんずの実

男が

あたしのそれをぐちゃぐちゃとつぶすとき

返り血みたいに甘い橙の液体が

男の顔にかかる

甘い味のそれ

男は一生あたしを忘れない

もっと欲しいって

あたしを追いまわす

 

ばかみたい