察し力がない女は生きてちゃだめなのかなってのが、まず最初に思ったことで、あわてて精神科で、精神鑑定というか、アスペ ルガーや、人格ショーガイの検査をしました。サイ子パスとかだったりするの、あたし?とか、超パニック。

江戸城建設した人は?って聞くから、思いっきり「織田信長!!」って答えちゃったのが、今でも恥ずかしくてたまりません。

でも、私は、そんな大物ではなく、ちょっとIQの高めのただのうつびょーの人でした。そして、「理解力」がまさかの満点でした。

りんしょーしんりしは言いました。これが満点なので、察することができてないってことはないです、と。むしろ、察する力がありすぎるくらいです。

じゃあ、何が問題なのかというと、コーヒーの飲んでるときや、楽しかったり、リラックスしていたり、いい気分の時に、調子に乗り過ぎるとこだと思います。

はあ、まあ、いいや、何度考えたって、時間は戻らないし、一回人にそう思われたなら、私は一生、察する力のない人です。

いいや、もう。なんで、そのレッテル貼られたままなのがそんなにいやなんだろう。そっちの方に、もっと私の闇がありそうです。