時代〜!廻らなくてもいいわよ〜

セブンに行けたっちょ!

セブンのカレー、今のは甘くておいしい〜。前のはからかった〜!

セブンのラテ、コーヒーっていうより、コーヒー味のホットミルクって感じだけど、まあいいっぺ〜!

セブンに行っただけで、気分の風向きが変わった。だからほんとに1日1回外に出て、外の空気吸うのって大事。でも、まあできないときはできないし、あんまり無理矢理がんばりすぎないように、バランスをとってがんばりたい。って、やっぱり、がんばる気じゃない、あたい〜!!

メルカリで、いいねしてた、香水2つと美容オイル1つが、風に乗って、ひょおおおおおっといなくなってしまった。悔しい。とってもお安く新品や新品同様だったのに。迷ってたら…く…

あとずっと前に出品したまま売れない、伊代ちゃんシールにいいねがついてびっくりした。あれ、突然買われて、こっちがどこにしまったか忘れちゃってる現象っての気をつけないと置きそう。と、まったく、売れないのが、オヤマーダのトレーナーとTシャツね。あーあ、特典のトートが欲しくて、欲しくもないTシャツまで買ったのに、ハンカチでできてるみたいにペラペラで、こんなのエコバッグにもなりゃしねえって、すぐ出品しちゃた。うん、これは結構早く売れた。非売品の強さね。

私、メルカリの☆、140もいつのまにか集まって、18年でそのくらいの取引しかしてないヤフオクを、2年くらいで追い抜く勢いだけど、すごいわよね。やっぱり簡単なのよね。みんなが言うような変な人にはまだ当たってない。この前、個人の振りした業者には当たったけど、すぐ送ってくれたし、別に穴とかなかったし、まあセーフ。

なんだろう。買う品物が 昭和 レトロ で、検索したものばっかりだから、出品者も、それなりに若くなく、マナーがちゃんとしてる人たちが多いのかな。包み開けると、ちゃんと一筆描きに、この度はありがとうございました、って書いてくれるような女子たち。梱包にかわいいマスキングテープ使ってくれる女子たち。女の園で楽しいけどな。(うん、男性の出品者に当たったことないのよ)

でも、人の着物売ってる輩がいるような無法地帯なんて、おぞましいし、おそろしいし、気をつけよう。油断大敵じゃ。

90年代が逝っちゃったことに、まだおとしまえをつけられなくて、モガモガしてる人を見ると、人ごとじゃなくって、こっちも胸が痛んでしまう。私の脳みそでは、1995年って聞くと、え?去年?って感じなのよ。ここだけの内緒だけど…その頃は、パソコンもスマホもアマゾンもなかったけど、好きな音楽、素晴らしい音楽が向こうから大挙してきて、”検索”なんてしなくても、いつでも、自分に合う音楽を見つけられてた。具体的な方法って、雑誌とHMV渋谷に足を運ぶ、そしてそこやパルコのピチカートかフリッパーズカヒミがかかってる洋服屋で、チラシことフライヤーをもらう、あと、HMV、WAVE、タワーレコード、それぞれのフリーマガジンを端から端まで読んでいく。

あと、嗚呼、ぴあ〜!!!!!!!!

あの頃は、渋谷も当たり前だけど、東京の他の街もまだそれぞれの個性があって、すんごく楽しかった。代官山のポップチューンっていう、ピチカートの歌の世界をお店にしたみたいな素晴らしいヘブンが、秀和レジデンスの向かいにあった。中にパーラーも併設されてて、キッチュでポップな雑貨と、古着、古道具がごっちゃになってた。ツイッギー的な感じかしら。水玉模様のアクリルのコップ、アクリルが虹色になった飴ちゃんみたいな指輪、白いメリージェーン。シャラシャラ音が鳴る色とりどりのカラフル珠のれん。

今、タイムスリップできたら、心のそこからあそこへ戻りたい。かおるちゃんとよく行ったけど、私たち、パーラーでソーダ水飲んだことはなかった。だから飲みに戻りたい。16だか17だった私たち。

昔のマイナーな映画たちが、オシャレっていう角度から切り取られて、どんどんリバイバル上映されていった。素敵なポスターに素敵なパンフレット。ロリータのおもしろさはわからなかったけど、超でっかいポスターはお年玉で買ったわね。あれは銀座でかかった。山野楽器の裏のとこ。

私はだんとつ、うたかたの日々、が好きで好きでたまらなかった。

と、同時に、地元の、今はもちろんない大井名画座に、制服のまま、マタンゴ、を観に行ったりして、昔の日本映画にも目覚めて、どんどん観ていって、高3の冬休みには、男はつらいよマラソンしてるくらいの、渋好みになっていった。かっこつけて、ゴダール?ケッ!なんて管巻いてたけど、あれは誰に対しての態度だったのだろう。(あ、釣りばか日誌にもトライしたけど、さすがにあれはまだむずかしかった…)

だから、1998年組のみんなのことは、まだ”新人バンド”って思ってるのよ。でも、クランボンとか、結成20周年記念なんちゃらとかもうやってて、え?え?え?ベテラン?ねえ、ベテランクラス?大貫禄じゃないの〜!って、なんかショック。くるりにもっくんがいないのにも、まだ慣れないし。(ナンバガールとスーパーカは、私はどっちも全然通ってないのでノーコメント…)

と、幼いままこの年齢になってしまった。浦島太郎としか言えないけど、周りの大人具合を見てると、全然笑えない。私、どうすんのよ…38歳の次は、39歳で、その次は、おおおおおおおおおお、フォーティーじゃないの、よ〜!ラブもセックスも(おっと直接的な言葉でめんご)フツーの女子より、絶対エンジョイしてないのに、もう閉経するっての?(あ、だから、めんご!)

もっとこう、あたいはスカーレットオハラよ〜みたいな感じは来ないのかしら(って、風と共に去りぬの映画、長過ぎて観終わってないから、内容もよく知らないんだけどほら、なんとなくよ〜、めんご)

え?おめえ、結婚してるべ?昔はそうじゃなかったのかって?あっは!そうじゃなかった。双子の生き別れの片一方をやっと見つけた〜!みたいな感じだった。ただただ安心と安全と笑いと笑い。当時から、エロティックNo.1みたいな空気はない。お互い、生きるのがへたで、人間関係も微妙だった中、やっと自分のだめなとこを共有できて、否定しない、そして同じくらい子供のままの相手、に会えて、やったね〜!ラッキー!って感じ。

おととし、シアトにいる時、東京ラブストーリーを観直してて、あの佐橋さんのギターがジャジャーンってかぶさる見たいな恋愛してみたい、わ〜、わ〜って、しみじみしちゃったわ。紺のダッフルに黄色いマフラーで、とにかく走りまくるみたいな恋。線路のこっちとあっちで叫び合うような恋。歩道橋の上で、カーンチ、セックスしよっ!って言うような恋。表参道にまだ露天があって変なネックレス買ってもらうような恋。

て、なにそれ…それ、どんな恋……まずその服装、パディントンとかぶってるし…くま?くまなの?露天の変なネックレスもらうんだったら、スタージュエリーや4℃のベタなネックレスの方がいい…歩道橋の上でのその叫びは今だったら通報されそう…今は下北も地下に潜ったように、高架か地下にされちゃって、線路渡れるとこ、あんまりないし…

やだ…だめじゃん…どこのコントかよ、みたいに成り下がってるじゃない…時代が移り変わるのって残酷ね…